燃費悪化!?トランクルームへのアルミテープ貼り付けは要注意

2016年10月30日

アルミテープを貼らない方がいい場所

アルミテープでクルマをチューニングする記事、第5回め。

今回は、トランクルームに設置して一般道にて検証してみました。

アルミテープチューニングの準備

いつも通り、貼り付けるアルミテープを準備します。貼り付けているアルミテープの作成方法は、

をご覧いただければと思います。

完成すると下の画像のようなアルミテープとなります。

アルミテープの完成画像
後ろに三角が来るように貼り付ける

三角形の先が車体後方となるように貼り付けます。この形状や貼り付け方法、場所に関しては諸説あり。

今回はリアウィンドウ周辺、サイドウィンドウ下左右、合計6枚貼り付けました。

アルミテープを貼り付けた場所

トヨタに取材しているITmedia記事を拝見していると、摩擦による静電気を逃がすのが主な目的のよう。

摩擦が起きている主な場所はタイヤと路面なので、タイヤの静電気を逃がすのがアルミチューンの本質のよう。

フロントタイヤからの静電気は、コラム下(ハンドル下)に貼ることで70%ほどは逃がすことが出来るよう。

リアタイヤは?と考えて、トランクルームのタイヤ上部に貼り付けてみました。

アルミテープをトランクルームに貼り付けた画像
タイヤハウス付近に貼り付けた

なるべくリアタイヤに近くて車軸の上に来るように意識してみました。

角を切り落として三角形を作らずに、面積を大きくしてみた。

アルミテープチューンをサイドウィンドウに施す
左右対称に貼り付けた

リアのサイドウインドウにも貼り付けました。

サイドからの空気の流れを意識して三角形を作り、内側から貼り付けました。左右対称に同じ箇所に。

アルミテープチューンをバックドアに施す
バックドアの上部左右に貼り付けた

リアドアのウインドウ上部にも貼り付けてみました。車体上部からの空気の流れを良くする狙いです。

空気の流れが上から下へと向かうはずなので、下向きに三角形が来るように貼り付けています。

今回は、この6箇所に新たに貼り付けての検証となります。

ご参考:前回までにすでに貼り付けてある箇所

ここまでで貼り付けた箇所:まとめ

  1. ハンドル下:1枚
  2. ボディ四隅:4枚
  3. バンパー:前後左右で4枚
  4. ドアミラー:左右で2枚
  5. ルーフレール:左右で2枚
  6. 【今回追加】トランクルーム内リアタイヤ上部:左右で2枚
  7. 【今回追加】トランクルーム内リアサイドウインドウ後端:左右で2枚
  8. 【今回追加】トランクルーム内リアウインドウ上部:左右で2枚

ここまでで貼り付けている枚数は、合計で19枚です。

一般道の25km周回コースで検証しました

実験車は14年乗っているゴルフIV。

気象条件は、曇り、気温17度前後(エアコン使用せず)。

コースは自動車専用道20%(制限速度80km/h)、一般道80%(市街)のコースです。

アルミテープチューンの効果【燃費】

早速、計測したdataを見てみましょう。貼付け前からのデータがありますので、まとめてご紹介します。

貼り付け前前回まで(注1)今回の結果
走行距離25km25km25km
走行時間59分57分53分
平均速度26km/h27km/h29km/h
平均燃費9.8km/l10.6km/l10.7km/l

注1:ハンドル下、ボディ四隅、バンパー、ドアミラー、ルーフレールへ貼り付け後の検証

今回は雨で寒かった。検証開始時には17度でしたが、時間が経つほどに気温が下るような気象条件。

平均速度が7%も上がっているのに燃費の向上は1%程度であり、平均速度が同じであったならば逆に燃費は悪化していると言えそうな結果でした。

一般的に気温と燃費の間には、「気温が下がると燃費は悪化する」というデータがあるそうで、今回はその影響なのかアルミテープの影響なのか判断がしにくい結果となりました。

アルミテープチューンの効果【乗り味】

乗った感じは「クルマが重くて仕方ない」という感じ。発進にもアクセルオフの空走にも、とにかくクルマの重さを感じた。後ろが重い。

走行中に「リアドアの下向き三角形の向きを逆にしたら軽くなるのでは?」という思いが浮かび、一周終了後にその場で貼り付けなおして、そのまま第二ラウンドに向かいました。

アルミテープチューンの効果【燃費:2周め】

上下を逆に貼り直して、早速検証に向かいました。

アルミテープチューンをバックドアに施す
上下逆に貼り付け直した

2周めの燃費の結果は以下のようになりました。

1周目:三角下向き2周目;三角上向き
走行距離25km25km
走行時間53分59分
平均速度29km/h26km/h
平均燃費10.7km/l10.2km/l

同じ日で同じコースでも、交通状況は違う。

燃費は、平均速度の低下により自然悪化。平均速度の低下は10.3%であり、それに対して燃費の低下は4.6%。そう考えると悪くないようにも思える。

2周めのテスト中は外気温11度表示。開始時の17度から一気に6度も低下。その中では健闘したような気もします。

アルミテープを全く貼っていない、実験開始前のテストデータと比べると4%の燃費向上。

同じ雨の日で、気象条件も同じ。気温は当時18度で今回11度と低いのにも関わらずの燃費向上は嬉しい結果です。

乗り味に感しては、やはり後ろが重い。

前回がスイスイと軽かったのとは対照的。どっしり感が欲しい方にはオススメの貼り方かもしれません。

【2016.10.31追記】アルミテープチューンの効果【燃費:高速道路編】

一般道に引き続き、高速道路でも燃費計測を行いました。

コースは前回の高速道路記事と同じルートを走行して検証しました。

気温は18度と前回の19度とほぼ同じ、天候はともに晴れでした。

前回1前回2今回1今回2
走行距離49km43km49km44km
走行時間1時間10分40分53分44分
平均速度43km/h65km/h55km/h60km/h
平均燃費14.0km/l16.6km/l15.7km/l15.9km/l

往路は空いていて渋滞なく走行。高速を降りた時点では燃費は16.2km/lと好燃費でした。その後、一般道を走行した総合燃費は15.7km/lでした。

復路は途中で一時停止も含む渋滞があり、平均速度が低下。

それに伴って燃費も悪化し、16km/lに届きませんでした。しかし、それでもうちの車(カタログ燃費9.7km/l)にしては絶好調です。

乗り味に感しては、一般道と同じで後ろが重いような気がします。ドッシリすぎる。

リアタイヤの静電気が逃げて接地感が向上しているのでしょうか?

次回は、リアタイヤの上部に貼り付けたアルミテープを剥がして再検証したいと思います。

アルミテープチューンの効果【燃費:再計測編】

ドッシリすぎる乗り味を改善するために、リアタイヤ上のアルミテープを剥がして一般道で走行してみました。

気温は19度前後と前回の11度(2周め)よりは温かい気候での検証です。

剥がしたアルミテープは、

剥がしたアルミテープ位置の説明画像
剥がして再検証した

この部分です。いつもの一般道コースで検証をしてみました。

貼り付け前前回(注1) 今回
走行距離25km25km 25km
走行時間59分59分59分
気象条件雨、18℃ 雨、11℃ 晴れ、19℃
平均速度26km/h26km/h 26km/h
平均燃費9.8km/l10.2km/l10.5km/l

偶然にも、平均速度が全く同じという比較には都合の良いデータが揃いました。

今回は、よく止まっていた印象があります。交通量が多く信号での待ち渋滞もありました。

ただ加速もゆっくりとした感じでしたので、アクセルを踏まずに燃費に好影響?

ドッシリすぎる件ですが、走り始めは重い印象。時間が経つにつれて軽く感じました。

アクセルオフの空走がとてスムーズ。狙い通りの効果を得ることが出来ました。

まとめ リアタイヤ付近に貼るとドッシリ感アップ

トランクルームへの貼付け効果は、走行中から分かるドッシリ感の増加です。

クルマの挙動が軽すぎて落ち着きがほしい、ドッシリ感がほしい方にオススメ。

軽くてスムーズにしたい私には不要。

また、剥がしたら燃費アップしたことから、トランクルームへの貼り付けは要注意です。

次の記事はこちらです。
アクセルとブレーキの精度が上がるようなアルミチューン