※ この記事は広告を含みます。

自転車ヘルメット、自治体の助成金と保険をGETできるのは今だけ!

2024年1月28日サイクルウエアヘルメット

自転車で遊んでいる子どもたち
ヘルメットした?もちろん!

道路交通法が改正されて、自転車ヘルメットの着用が努力義務化されました。まだ購入されていない方は、今がチャンスです。

助成金という形で購入をサポートしている自治体にお住まいであれば、予算がなくなる前に購入&申請しましょう。中にはヘルメットを抽選でプレゼントしている自治体もあります。

この記事では、助成金の対象となるヘルメットの中から、髪の毛が乱れにくい、普段着にも合うヘルメットもご紹介します。

自転車ヘルメットって本当に必要?

被らなければいけないのは分かっているけど、、、本当に必要なの?

そんな疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

だって、

  • とにかく「きのこ」みたいでカッコ悪くて恥ずかしい!
  • せっかくセットした髪の毛が乱れる!
  • 事故なんて起こさないし!

もう嫌すぎる!と。

でも、ちょっと聞いてください。1年くらい前、事故直後の現場に遭遇したことがありました。

自転車の男性が仰向けに倒れていて、相手方と思われる車も近くに停まっています。周りの方が大丈夫?とざわざわ集まっていて私も一時停止。

大丈夫かな?と男性の顔を見たらパンパンに膨れ上がっていて、目は見開いたまま。

頭にヘルメットはありませんでした。

自転車事故で致命傷となるのは頭部への衝撃です。万が一があっても、かけがえのない日常生活を続けるために、髪の毛が乱れても、だいぶカッコ悪くてもヘルメットは必須です。

おすすめヘルメットと使ってみた感想

努力義務化をふまえて、ヘルメットメーカーもデザインと価格を重視するようになりました。中でもおすすめはOGK社のCanvas-Sportsです。

Canvas-Sportsヘルメット
OGK Canvas-Sportsヘルメット(画像出典:OGK

公式動画はこちら↓

全10種類のカラーでお手頃価格(税抜き5900円、競技用は万単位)。

豊富なカラーバリエーション(画像出典:OGK

しかも、今なら1年間分のau自転車保険まで無料でついてきます(2024年2月28日まで)。

OGKとau損保のコラボキャンペーン
OGKとau損保のキャンペーンを活用しよう(画像出典:OGK

そしてJCF(日本自転車競技連盟)推奨製品なので自治体の助成金対象となります。

JCF推奨マーク
Canvas-SportsはJCF推奨ヘルメットです

実際にかぶって、真冬の湘南海岸や街中を走ってテストしました。

国道134号線と富士山
国道134号線と富士山

まず、競技用ヘルメットに比べると頭を冷やすための空気口が少ないので、髪の毛が乱れにくいです。

OGK Canvas-Sports
OGK Canvas-Sports(左)と競技用のヘルメット(右)

空気口が全くないと蒸れます

内側のパッドは厚くてクッション性があります。汗止めとしても機能して、顔や首筋に汗が滴り落ちるのを防ぎます。

OGKのCanvas-sportsヘルメット
厚いパッドで快適

パッドは交換可能で各ネットショップで追加購入できます。衛生面が気になる方でも大丈夫です。

まとめ

自転車ヘルメットを買うなら今月中がおすすめです。まだ助成金があるか確認するには、「お住まいの自治体名 ヘルメット助成金」で検索してください。

例)渋谷区 ヘルメット助成金

そしてCanvas-Sportsなら2024年の2月28日まで保険が付いてきます↓

OGK Canvas-Sports
OGK Canvas-Sports 自転車ヘルメット
各ネットショップで詳細をご覧いただけます

最後に、冒頭でご紹介したヘルメットをプレゼントしている自治体は、

神奈川県の相模原市

です。2024年2月29日までのお申込みです。お住まいの方はお急ぎください。