食べないで生活する「不食」を実践される方の意識を学んでみた

世の中にはいろんな人がいる。大食いで活躍される方もいれば、食物を摂取しないで生きる人もいる。2008年から飲むことも食べることをやめている方の著書、「不食という生き方(クリックでアマゾンへ)」が素晴らしかったので、ご紹介します。

不食という生き方とは?

少食に関して、これまで何回か記事を書いてきました。

その度に、気持ちがスッキリ!気分がいい!を実感してきました。そんな少食ステージの先にある、飲み物、食べ物を全く摂取しない「不食」に好奇心を持つのも自然な流れかも。

しかし、この地球上では餓死する人もいる中で、こうして何も食べずに10年近く元気に生きる人もいる・・・この不思議。

著者の語る「不食」
  • 飲み物、食べ物を全く摂取しない
  • 栄養源は呼吸で摂取する「プラーナ」
  • 必要な水分は「プラーナ」から体内で作る

著書によると、実際には何も食べていないのではなく、呼吸によって「プラーナ」を摂取しているという。

ちなみにこの「プラーナ」というのは日本語で「気(エネルギー)」のことだそうです。気功師などが扱う、あの「気」のことです。どうやって摂取しているのか、そんなに栄養価が高いのか?興味が尽きません。

プラーナの食べ方

プラーナだけで生きると書かれた画像

このプラーナというエネルギー、大気中に充満しているそう。そして心身がリラックスするほどに摂取できるようになり、食べ物も必要なくなるとか。

もしかすると大食いをしてしまう人は、ストレスのせいで心が緊張していて必要なプラーナを摂取出来ず、大量の食べ物を必要としているのかも。

【最乗寺】奥の院へと続く小道の画像

確かにストレスがたまると、お酒を飲んだり、美味しいものを食べたりして発散する・・・ということは・・・

「心を鬼にして食事制限!」よりも「リラックスダイエット!」が痩せそう

普通に考えて、食べ物への執着がなくなれば、ダイエットも簡単になるでしょうね。私的に嬉しい情報でした。

リラックスしてプラーナを大量に摂取することで、食事への執着、必要性がなくなれば、餓死への恐怖もなくなってさらにリラックスできそう。

不食生活までの準備

著書には、不食生活をはじめるまでの5つのステップが紹介されています。

具体的な手順は著書をご覧いただきたいですが、要するに一気に断食のように移行するのではなく、徐々に身体を整えていくということです。

フルーツジュースだけとなった最終段階まで順調に来たなら、そのジュースをやめることで「不食生活」の始まりとなります。

にんじんジュースの画像

無理は全く必要なく、食べたくなれば食べて、3歩進んで2歩下るくらいの軽い気持ちで取り組むのが良いそうです。こうでなければ!という心の縛りを排除することこそが、この不食生活を続けるポイントだそうです。

不食のメリット

不食のメリットなんて、もう多すぎて大きすぎて、実践者に語ってもらったら1日あっても語りきれないくらいだと思います。著書にもたくさん紹介されていますが、代表的なものは次の3つでしょう。

不食のメリット
  1. 精神的なもの:気分スッキリ、睡眠の質が向上
  2. 肉体的なもの:身体的負担(消化、排出)の軽減、若返り(アンチエイジング)、免疫力アップ
  3. 経済的なもの:食費カット、光熱費カット

どれも魅力的に思えます。炊飯器、レンジなどの調理家電、冷蔵庫も必要なくなりますね。電気代もガス代、水道代も大幅にカット。

気分がスッキリすれば、日々の生活も気持ちよく過ごせます。そんなスッキリ感が、身体も整えてくれるのでしょう。

ストレスのない心のあり方

不食に関するノウハウや効果よりも、この本での一番の学びは「心のあり方」です。著者の自我が強くてうまく行かなかった体験談が、自分と重なる部分が多くてすごく共感できました。

特に「たくさん否定して生きてきた」という部分。自分のことも、家族のことも、他人のことも・・・

そして自分の中の「否定という判決」は多かれ少なかれ、何らかのカタチで現れて他人に伝わりますから、対立や孤立の原因となるでしょう。暗黙のうちに「否定メッセージ」を送っているのです。

時計がゆがんでいる画像

パッと見ただけでなんとなく人格が見えるものですが、見えた瞬間に判決を下してはいないか・・・メールを読んだ瞬間に判決を下してはいないか・・・ということ。

意図的に伝えなくとも、判決を下すというその「行為」だけでも、その「気」は何かしらのカタチで伝わるのではないかと。

著者は今までの否定習慣を180度変えるために、相手の立場を考えて「愛情メッセージ」を送るようにしたそうです。わたしも心を改めて、愛情メッセージを送る練習中です。

まとめ

不食という生き方、本当に面白かったし役に立った。同じことで悩んでいたという共感もあって、私の場合は学びも多かった。不食への取り組みも、焦らずにマイペースで行えば良いので負担になることもなさそう。

心身ともにスッキリと若々しく生きたいなら、不食という生き方もアリ!人生楽しまなくっちゃね。