【書評】売上が自動的に上がる仕組み構築の教科書

今日はとても心強い本のご紹介です。その本とは、

この1冊さえ手元にあれば、ビジネスで起こる問題はどんな問題でも解決できるように作りました。

と著者が一押しする「売上が自動的に上がる仕組み構築の教科書」です。私自身、この本は経営者、個人事業者は必読の書だと思いました。「なるほど!そうか!」と何回も頷いてしまうおすすめの本です。

「売上が自動的に上がる仕組み構築の教科書」の著者:船ケ山哲さんってどんな人?

船ケ山哲さんの動画チャンネルには、船ケ山さんによる解説動画がアップされています。50手前の私からは、若い好青年に見えますよ。以下、アメブロからプロフィールを引用させていただきます。

人脈、コネ無し、実績なしの状態から、起業後わずか3年で300社以上のクライアントを獲得。マレーシア在住。
◇メディア出演
テレビ神奈川「船ヶ山哲のラジオセミナー」メインキャスト
FM新潟「船ヶ山哲のラジオセミナー」パーソナリティー
◇著書
売り込まずにお客が殺到するネット集客法
大富豪から学んだ世界最強の儲けの教え
◇メディア掲載
雑誌「THE21」、「マネーポスト」、「経済界」、新聞「日刊ゲンダイ」、FMラジオ「シック、すっく、シュクル」、「世界に誇る!元気印カンパニー」

テレビにラジオと多方面に活躍されているのですね。マレーシアからラジオセミナーを開催されている、自由人でいらっしゃいます。憧れる!

【お客様目線】お客さまがほしいのは提供しているサービス、商品ではない

商売をする際に、お客様目線で考えることはとても大切です。

お客さまは商品が欲しいわけではなく、その商品を使用した結果だけ!が欲しいのです。ですから、なるべくなら商品は買いたくないのです。

ネクタイが並んでいる画像

これは買う側の気持ちを意識してみればわかりますよね。でも売る側になると忘れがちなこと。例えば、 お金の支払先

  • 水虫薬:水虫のない足に
  • ひげ剃り:スッキリとした口周りに
  • ヒーリング:癒された自分に、スッキリした自分に

という具合です。つまり快適な自分、健康な自分、整った自分、スッキリとした自分にお金を支払うのであって、販売者やサービス内容、商品は、目的が達成されるのであれば特に興味が無いのです。

すごい商品ですよ!と宣伝するのは筋違いで、その結果「お客さまがどうなるのか?」「お客さまの〇〇が解消できる!」が大切なのです。すごい商品かどうかはお客さまには関係ないことなのです。

これを理解しないと、お客様目線で商売が出来ないので「すごい商品の押し付ける、断られる」の繰り返しになってしまうと本書で解説されています。

私もお客さま目線の大切さを改めて認識し直し、サービス内容、タイトルなどの見直しに活用しました。まだ具体的な変化はありませんが、少なくとも抱えていた問題点の1つは改善されたと思います。

【経営戦略】多方面へ事業を広げない

船ケ山さんは、本業とは違う分野への事業参入はリスクが大きいので、新規顧客を開拓する新規事業を始めることはオススメしていません。

オススメしているのは、既存の顧客に対して違うアプローチからの新サービスを提供することです。

子どもと水やりするイラスト画像

新規営業の経費削減にもなるし、新規顧客の求めるものは既存のお客さまの求めるものとは、全く違うかもしれませんから、今までのノウハウが通用しない可能性もあると。

例えば、大学受験生に対して商売をしていた人が英会話教室に参入してしまうと、既存のお客さまとは違うお客さまを対象とすることになります。
そうではなく、既存のお客さまに対して別な角度から商売を行うほうが、ニーズも把握していますし、お客さまも抱えていますからうまくいく可能性が高い。

私はいろいろと興味が目移りするので、行動を絞るのは苦手。それゆえに専門性が低くなっているかも。一つのお客さま像に対して徹底的にサービスを考えて提供し続けるほうが、そのお客さまの満足度は高くなるように思います。

自分の人生を楽しむという視点は、お客様目線とはズレています。このズレを定期的に見直し、自分のお客さま像、求められていること、必要とされているサービスを見直す必要があると思いました。

自分の考えではなく、お客さまの考え、希望、悩み、フラストレーションですね。

自動的に売上を上げる方法の紹介

船ケ山さんの本では、次のことが具体的に書かれています。

  1. コンセプトづくりの方法、具体例
  2. 売上の作り方
  3. 売上を2倍にする方法
  4. 売上にブレイクスルーをもたらす2つの思考
  5. 営業トークの方法
  6. 衰退期を乗り越える方法

ビジネスの各ステージで売上を伸ばして利益を出していく方法です。

右肩上がりのグラフ画像

各項目の詳細については、実際に本を読んでいただきたいのですが、まるでロールプレイングゲームの攻略本のような印象で、「なるほど!こうすればいいのか!」とやるべきことがスッキリ明快になると思います。

同時にビジネスの面白さに目覚めて、次々とアイデアが浮かんで!リアルにブレイクスルーが起きるかもしれません。「顧客目線」や「コンセプトづくり」、「質問のしかた」などわかりやすく凝縮されています。

集客や売上げが思うように伸びていない、うまく行っていない方には必読の書だと思います。私はバッチリとターゲット内にいる人間ですので、大いに役立ちました。

【書評】売上が自動的に上がる仕組み構築の教科書:まとめ

冒頭にも書かせていただきましたが、

この1冊さえ手元にあれば、ビジネスで起こる問題はどんな問題でも解決できるように作りました。

と著者が宣言するだけのことはあります。

解決策がわかる!次の手を打てる!行動できる!ビジネスゲームの攻略本です。実績を上げた人から、その方法を学んで真似るのがスキル習得の王道「守破離」の第一歩。

ありがたいことに、売上が自動的に上がる仕組み構築の教科書は、2016年12月3日現在はKindleUnlimitedの読み放題対象となっています。

お試し登録することで、無料で読むことが出来ます。お得な無料期間に是非、読んでみてください。最後まで読んでくださってありがとうございました!

書評

Posted by 無限ゼロ