ガス炊きのふきこぼれを防止する便利グッズを試した

2017年2月10日

吹きこぼれないふた「クッキングフラワー」

ガス炊きすると美味しいのは分かってる。しかし、ふきこぼれ掃除が面倒・・・なんとかならない?と調べて「ふきこぼれないフタ」にたどり着いた。購入までの経緯と使ってみた感想をご紹介します。

内釜の寿命を感じ取って調査

電気炊飯器の内釜のコーティングが、ところどころ剥がれ落ちてきた。寿命らしいので買い替えを検討。最初は炊飯専用の土鍋がいいかな?と検討を開始した。

土鍋でごはんを炊くのはどうなの?

土鍋の画像
5合炊きの土鍋(クリックでアマゾンへ)

「子どもの食いつきが違う!」というインプレッションもあり、美味しさの「予感」が半端ない。重い蓋をゴリゴリッと開けたときに、モワッとした湯気の先に見える白米が光輝いてそう。

しかし、炊飯後のイメージをすると「重い?」「洗うの大変?」「割れちゃう?」というネガティブ要因が思い浮かぶ・・・

「電気炊飯器より断然安いうえに、美味しい」と文句なしなのですが、取り扱いに気を使う・・・めんどくさがり屋の私、電気炊飯器に戻ってしまうかも。

文化鍋でごはんを炊くのはどうなの?

土鍋を保留にして調査を進めると、ガス炊き用の文化鍋にたどりついた。

3合炊き文化鍋の画像
3合炊きの文化鍋(クリックでアマゾンへ)

和食のレシピサイト「白ごはん(外部サイト)」でも以下のようにオススメされていた。

いちばんのおすすめは『文化鍋』。電気炊飯器が普及する前に炊飯用に作られた厚みのあるアルミ鍋で、吹きこぼれ防止の構造となっているのも使いやすいです。

むむう、文化鍋とは初耳!

要するに、

  • ふきこぼれないようにフタが工夫されている
  • アルミなので軽い
  • 割れないから取扱いが簡単

と、土鍋の弱点を解消したかのような商品。

でも、人気ないの?

調べてみると、お値段が高め。

土鍋には、「火力調整して手間暇かけて炊く楽しみ+蓋を開けるときのワクワク感+炊けたときの満足感」がある。しかし、吹きこぼれない文化鍋は簡単すぎて面白みがない?

しかもアルミ鍋なら家にある。わざわざ新しいものを買う必要はない。

ふきこぼれないフタだけ欲しい・・・

ふきこぼれないフタに出会う

ふきこぼれないフタってあるの?と調べたら、あった!

ふきこぼれないフタを買ってみた

購入したのは「M」サイズ、22cmまでの鍋に対応。鍋の深さがないと火がフタに届いてしまって危険なので、フライパンでは使えない。

吹きこぼれないふた「クッキングフラワー」

画像右のように、茹でながら、煮込みながら、ふたの上で温野菜を作るような同時ワザもできる。

吹きこぼれないふた「クッキングフラワー」

黄色い花びらのような部分はとても柔らか。裏返すとペロンと垂れさがる。蒸気を押さえ込むのではなく、あえてすり鉢状のふたの上に吹きこぼす。そして黄色と緑のすき間から、ふきこぼれが鍋に戻っていく仕組み。

非常にシンプルな構造なので、壊れる心配はなさそう。

早速鍋でご飯を炊いてみた!

20cmの鍋で3合のご飯を炊いてみました。洗米して30分ほど浸け置き。その後、電気炊飯器の内釜で水を計量し、鍋に投入。

フタを載せると画像のように2~3cmほど、はみ出す。この状態で、ガスコンロの炊飯機能をスタート。あとは待つだけで炊ける。

吹きこぼれないふた「クッキングフラワー」

数分後、上部から蒸気とともにふきこぼれが溢れ出てきました。コンロにこぼれ落ちることはなく、また鍋に戻っていく。

もうブクブクし放題!生き物のような大きな提灯あぶくが次から次へと!掃除が楽になった喜びで、ニヤニヤが止まらない。

ふきこぼれずに炊けた!

ハヤシライスの画像

子どもたちが大好きなハヤシライスにしてみた。ご飯がピカピカ光っている!一粒一粒が喜んでいる感じ。

味は、お米の甘みと香りがより感じられて、家族にも大好評。心配していた鍋の焦げ付きもなく、ひと安心。

ガス炊きのふきこぼれを防止する便利グッズ:まとめ

ふきこぼれないフタ「クッキングフラワー」を買ったことで、ガス炊きのご飯が手軽に食べられるようになった。汚れからの解放と家族の笑顔、Wの喜びなのでおすすめする。