夏場の不快な生ゴミ臭・・・専用のゴミ袋で解決できた!

2018年1月5日キッチン用品片付け・掃除

生ゴミが臭わない袋

暑くなってくると生ゴミ臭がキッチンに漂う。24時間ゴミ出しできるマンションでない限り、ゴミ収集日まで我慢しなければならない。コバエやゴキブリを寄せ付けないためにも、臭い対策は必須。

特に、カニやホタテなどの甲殻類のゴミ臭は夏場に限らずヤバい。そんな不快なゴミ臭を解決してくれた臭わないゴミ袋をご紹介。

臭わないゴミ袋を見つけた

ネットでゴミ臭対策を調べていたら、

  1. ゴミ収集日まで冷凍庫で保管しちゃう
  2. 生ゴミが臭わないゴミ袋で防臭

という2つのパターンを確認。冷凍庫保管はお手軽だけど、すでにお弁当用の食材でパンパンなので却下。2つ目の臭わない袋を試すことにした。

臭わないゴミ袋の画像

ネットで購入した商品パッケージには、

  • 快適:強烈な生ゴミの臭い、暑い夏でも大丈夫!
  • 簡単:袋に入れて結んでゴミ箱に捨てるだけ!
  • 安心:菌も通さないから安心!

と書いてある。本当なら超優秀。ゴミ袋を二重三重にする必要もなくなるから、プラゴミも減らせるノロウイルスなどの嘔吐物や拭いたものを捨てる時も、菌を通さないので安心

さらに、赤ちゃんの紙おむつ専用のゴミ袋もあった。出会っていれば、あんな苦労しなくてよかったのに・・・と思う。

臭わないゴミ袋の使い方

BOS防臭袋の使い方
出典:BOS公式HPより

臭わないゴミ袋には使い方がある。それは、臭いを閉じ込める結び方で結ぶこと。HPにも記載があります。

  1. 臭うものを袋に入れる
  2. 袋の口を数回ねじる
  3. しっかり結ぶ
  4. そのまま捨てる

手順2で「ねじり」を加えることで、臭いを強力に閉じ込められる。

臭わないゴミ袋、本当に臭わない?

ホタテの殻の画像
画像はイメージです

本当に臭わないのか?気になる。高いお金払って臭うなら意味はない。実験として、殻のついた生ホタテのワタを捨ててみた。

この防臭袋に入れた翌日、次の日も、その次の日も臭わない!完璧・・・ごみ収集日まで快適に過ごせた。

これなら、暑い夏場でも、年末年始の回収休みの時でも不快な臭いとオサラバできそう。

ゴミが臭わない袋Sサイズの大きさ

今回ご紹介している「生ゴミが臭わない袋(Sサイズ)」の大きさは、20cm×30cmで、ノートパソコン(14インチ)のキーボードとほぼ同じ。

ホタテの殻は、重ねて5枚入る。野菜の皮などの生ゴミなら、4人家族であれば1食分は入る。1食1枚で済ませられるのでムダがない。

生ゴミが臭わない袋をパソコンのキーボードに乗せた画像

底の部分は二重になっていて丈夫。臭い液体が漏れ出てしまうこともなさそう。

生ゴミが臭わない袋の底部分の画像

キッチンの生ゴミ臭の対策 まとめ

生ゴミが臭わない袋を使ったら、真夏や年末年始のゴミ臭が気にならなくなった。厚めのゴミ袋みたいですが、しっかり臭いを閉じ込めてくれる。臭いを拡散させないことは、ゴキブリやコバエ対策にも必須!

2018.7.5:追記】3月から200枚入りのSSサイズを愛用中