子どもの急な嘔吐、2日後にわたしが・・・という体験記

子どもの急な嘔吐、夜中に吹き出すように吐くので毎回驚きます。我慢ができないらしい・・・今回は、嘔吐を繰り返した息子の闘病体験記をお届けします。

まずお腹が痛くなる

異変は、腹痛から始まりました。怪我をしても泣かず、グラグラしてきた歯を自分で抜いて処置したり、普段から我慢強いウチの子。そんな息子が、かなり苦しそうに痛がり出したのが始まりでした。

何か変なの食べさせちゃったかな?

と、食事の内容を振り返ったりしてみましたが、心当たりがなく原因は不明。ソファの上でお腹を抱えて苦しんでいますが、様子見するしかありません。

活発な子なので怪我は良くしますが、病気はほとんどしない子だけに不安はMAX・・・

「気持ち悪い」を繰り返す

しばらく腹痛に苦しんでいましたが、今度は「気持ち悪い・・・」と言い始めました。原因として思い当たることなく・・・どんどん症状が悪化する子どもが目の前にいますが何もできません。

ここまでで1時間位でしょうか、「その時」は急にやってきたのです。

激しい嘔吐を繰り返す

それはもう「飛び出してしまう」ような感じで、トイレまでも我慢ができないような激しい嘔吐・・・そして1時間おきくらいに繰り返しやってくる。

その間、廊下の掃除、トイレマットの洗濯、トイレの掃除、そして汚物の掃除。この時、直接触らないように気をつけていたつもりなのですが・・・

もう何も吐くものないでしょ!というくらい吐いているのに、1時間おきに吐き気が来るようでトイレに駆け込む。時刻はもう夜中の12時を回っている。

ようやく眠りにつけたのは、夜中の2時頃でした。

嘔吐と同時に発熱

マスクをした子どものイラスト画像

嘔吐を繰り返す前後に、寒気を訴えていたので体温を測ってみたら37.8℃でした。その後も、37℃台で推移。高熱と言うほどではありませんが、この発熱も身体のダルさの原因だったように思います。

この発熱は長引くことはなく、翌日にはもう下がって平熱となっていました。

翌日の学校はおやすみ、そして復活

夜中まで吐き続けて体力を消耗、食事も取れていないので翌日の学校はお休みさせました。いつも仲良くさせてもらっているお友達も「嘔吐して発熱している」という情報が・・・

学校で流行っているのかな?

医療系のお仕事をされているパパ友から、「ノロウイルスだよ」と。食事はダメ!消毒はハイター系で!とアドバイス頂きました。ありがたい。

1日お休みした翌日には友達と遊びに行く。子どもの治りは本当に早い。お友達も「1日で治った」そう。が、しかし!

わたしがダウン!

熱を出して寝込んでいるキャラクターのイラスト画像

わたしが急に寒気を感じたのは、子どもが復活した翌日の晩でした。熱を測ると36.9℃と微熱程度なのに、布団に潜ってもゾクゾクする嫌~な寒気。

お風呂に入って温まろう!と浴室に向かうと、今度は気持ちが悪くなり湯船に浸かる気分ではない・・・

もしかして・・・もらっちゃったかな

2時間位、吐いてしまうか我慢するか悩んでましたが、我慢が出来なくなりトイレで嘔吐。幸いにもこの1回で嘔吐は終わり、熱も下がってくれましたが、気分が悪いのは翌日まで続きました。

まとめ

腹痛に始まり、嘔吐を繰り返したうちの子。感染した経路や原因は相変わらず不明ですが、お友達も同じタイミングで発症していたので学校で流行っていたのかもしれません。

急に具合が悪くなり、吐いたら呆気なく治った。そんな冬の嘔吐の体験談でした。