鎌倉アルプスでプチハイキング

鎌倉ハイキング

家族で鎌倉アルプスをプチハイキング。北鎌倉の明月院脇から半僧坊、建長寺に降りて北鎌倉駅に戻る短縮ルート。それでも30℃という気温もあって汗だく。いい汗かいて帰宅したのでした。

ハイキングコース

半僧坊のハイキングコース
歩いたルート

今回は北鎌倉駅から明月院脇を抜けてハイキングコース入り。息子が、

ここは入っちゃダメだよ

と言ったところがまさにハイキングコースの入り口なのでした。先があるのか不安になる、草ボーボーの獣道。整備されたハイキングコースではない。

しかし途切れることはなく、細々と続いている。途中でカップルとすれ違った。

明月院はこのまま進めばいいですか?

と聞かれたので、明月院から来たことを告げると安心したよう。そんなプチ不安になるコースなのです。

今回のコースは全行程で約3767m。所要時間は1時間半くらい。時速換算で2.5km/h。

ハイキングコースの距離と所要時間、消費カロリーのデータ
消費カロリーはたったの259kcal

消費カロリーはたったの259kcal。時間をかけて歩いた割には「少なっ!」と驚きました。普段のサイクリングのほうがダイエットには良さそうですが、今日は家族サービスなので我慢です。

本格的ハイキングコース

天園ハイキングコースは昔からあるハイキングコース。でも滑り落ちたら、ただでは済まない峰を歩いたり本格的。非日常感たっぷりで楽しめる。

宮ヶ瀬ダムでも怖くなる高所恐怖症気味な管理人、密かにビビりながら歩きました。

運動不足気味な小学生の息子と妻が「休みたい」と口にするも、半僧坊までは休憩ポイントらしきものはない。もう少しだから!と励ましつつゆっくり進む(急斜面の上では休みたくないし・・・)。

半僧坊付近の休憩ポイントで急に視界がひらけた。ここは半僧坊、瑞泉寺からのルートが合流するポイントのよう。

半僧坊から相模湾の眺め
相模湾がよく見えた

ここから天園に抜けて行きたかった私ですが、家族はもう体力の限界。仕方なく下山することに。タオルで汗拭きながら歩いてきましたが、30℃という気温で背中は汗だく。

半僧坊の階段
半僧坊までは階段をあがる

建長寺への下りは急な階段。登ってくる方はみんな汗だくで息遣いも荒かった。その点では、山道のほうがまだ傾斜が緩やかで歩きやすかった。

建長寺から北鎌倉へ

半僧坊からは建長寺へ降りて参拝。厳かで凛とした空気感は素晴らしい。空気も美味しくて目一杯吸い込んでおきました。

建長寺の樹齢760年の大木
樹齢760年の大木

そんな空気の中では木々も元気いっぱい。樹齢760年とされている大木もまだまだ樹勢が衰えていない様子。根はどこまでの深さなのか気になる。

建長寺
建長寺

一番印象に乗ったのは法堂。苦行に耐えたとされる人物の仏像があるのですがリアル過ぎて驚きました。煩悩だらけの自分が恥ずかしくなる。

まとめ

鎌倉アルプスのぷちハイキングレポをお伝えしました。家族で半僧坊に登るなら建長寺からのキツイ階段ルートより、明月院からの獣道ルートのほうが登りやすい。ただし休憩ポイントはなく、転落の危険もあるので自己責任でお願いします。

半僧坊からの眺めは最高なので、ここだけ登るのもアリ。南の材木座海岸方面はもちろん北のランドマークもばっちり見えました。