快適に春を乗り切れるように生活習慣を変えてみた

2017年3月17日

花粉が飛散る画像

花粉症の管理人。5年前あたりから急に鼻づまりが気になり始め、それからは毎年春にはつらい症状に悩まされてきました。

  • 勝手に垂れ流れる鼻水
  • 頑固な鼻づまり
  • 目のかゆみ、充血、水がたまる
  • 止まらないくしゃみ

春のジョギングやマラソン大会はマスクをして走っていましたが、マスクの下は鼻水垂れ流し状態(汗)そんな私が快適に春を乗り切るために取り組んでいる生活習慣をご紹介します。

取り組んでいる5つの生活習慣

私が今年になってから取り組んでることは次の5つ。

  1. 適度な運動
  2. 布団の徹底掃除
  3. 1日1食程度の少食化
  4. 食材を変えた
  5. ウッディノーズで快眠

どれがどうとかよく分かりませんが、この春は変化を感じてる。

【1】適度な運動:とにかく歩く!

登山中の画像

今年に入って他の年と明らかに違うのは、よく歩いていること。これはジョギングで痛めた足の調子が良くなってきたので、またマラソンを始めようと慣らしでウォーキングをしているため。

外出ついでにとにかく歩く。階段のある神社に寄り道し坂道を抜けてと、意図的に回り道。3ヶ月でズボンもベルトもブカブカになった。筋肉もついたせいか身体がとても軽く感じる。

【2】 布団の徹底掃除:ダイソンでハウスダスト吸引

ダイソンの掃除機の画像

2016年に「ダイソンV6 fluffypro」を購入。様々なアタッチメントがセットになっている。中でもフトンツールが個人的に大ヒット!

フトンツールを布団の上で滑らすと、白い粉(?)のようなハウスダストがたくさん取れる。

ダイソンすごい

こんなの吸い込んでたら、そりゃ鼻も詰まるし目もかゆくなる!見てるだけで具合が悪くなるほど。吸引した夜は快適に眠れる。

【3】少食化:食べ過ぎをなくす

石原結實先生の著書「空腹はなぜいいか?」の表紙画像

少食にすると、私の場合は心も身体もスッキリする。これは下の記事に詳しく書ています。

しかし!ただ食事を減らすだけだとビタミン不足なのか抜け毛が急増(汗)。いろいろ調べて「塩素除去シャワーヘッド+丁寧シャンプー」で育毛ケアを開始。

【4】食材を変えた:玄米、肉少、断マヨネーズ

玄米の写真

先日記事にしたスコット・ジュレクというウルトラランナーの影響で、肉を減らしました。そして白米をやめて玄米に。

タンパク質は野菜からでも十分に摂取できるそう。玄米は食べごたえもあるし、炊いたときの香りもとてもいい。ちなみにふきこぼれないフタの記事に書いたように、玄米は簡単に炊ける。

またマヨネーズは自然と使わなくなった。和食中心であればマヨネーズはそれほど使わないかと。

【 2018.12.28:追記 】現在はバランスよく何でも食べています。

【5】ウッディノーズで快眠:体調が良くなる

ウッディノーズの大中小セットの画像

ウッディーノーズは、鼻腔(鼻の穴)をひろげるゴムのようなもの。体験記事に書いたとおりスースーするので、呼吸が楽になる。ただし、見た目ブタになるので、要注意。

【2019.4.24:追記】イギリスでは鼻の穴にワセリンを塗って花粉対策をすると、NHKガッテンで放送してました。来シーズンから試したい。

春を快適に過ごすための生活習慣 まとめ

生活習慣を改めたせいか、今年の春先は比較的過ごしやすかった。食べ過ぎを控えて運動をする、生活環境を清潔に保つ。さらにいい習慣を見つけたらご報告します。