【育毛】格安で白髪&薄毛対策を始めた

育毛のプロが教える髪が増える髪が太くなるすごい方法の表紙画像

世の中に溢れている育毛グッズ。いろいろと検討してみたものの、どれがいいのかサッパリ分からない。そこでリスクを減らすために、まずは格安でできる育毛習慣を身につけることにした。取り組み始めた育毛習慣をご紹介します。

育毛の情報収集から

育毛に関する書籍やグッズはたくさんあって、どれが自分に合っているのか分からない。どうしたものか・・・と思い悩んでいた時に目に飛び込んできた本がこちら。

この本にした理由は、

  1. 信用に値する実績があること
  2. 格安で実践できる方法であること

お金を沢山つぎ込んだのに何も変わらなかった・・・では悲しすぎる!だから慎重にならざるを得ない。

生身の身体(頭皮)の再生のために薬を使うのではなく、自然素材の持つ力を活用する。著者が考案したという「オリジナル育毛シャンプー」で髪を洗う。

さらに、緊張をほぐすためのタイプ別のマッサージ法、食事法で外側と内側の両方からケアすることで、頭皮が本来持っている育毛パワーを回復させる本なのです。

間違いだらけの頭皮ケア

何気なく使っていたシャンプー、さらには水道水での洗髪・・・これらこそが日々、頭皮にダメージを与えていたことがわかった。

シャンプーに含まれるスッキリ感を増幅させるようなもの、いい匂いの成分などは髪の毛にはダメージとなることもあるらしい。

そして、そのシャンプーを洗い流す水道水に含まれている塩素・・・横浜市水道局(クリックで横浜市水道局へ)のHPによると、

法的義務付けにより、横浜市内全域で、残留塩素濃度 0.1 mg/L以上を保持するように消毒用塩素を注入しています。塩素には、病原菌を殺菌する等の効果があり、水道水の安全性を確保しています。横浜の水道水の残留塩素は 0.4~0.7 mg/L程度です。

基準値に対して4~7倍と結構多い。浄水場から水道管を通って各家庭の蛇口までの安全性を確保するためには必要な濃度なのでしょう。

しかし、この残留塩素をそのまま体内に摂取、あるいは頭皮・毛髪から吸収する必要はない。ということで、塩素除去シャワーヘッドも購入しました。

育毛シャンプーで洗髪開始

昨日より「育毛シャンプー+塩素除去シャワー」で洗髪を開始しました。シャンプーの作り方も混ぜるだけで簡単。湯船に浸かりながら頭皮マッサージしているので、お風呂が育毛タイムになりました。1年後、2年後を楽しみに続けたいと思います。