頭いい!この人は絶対に大物になる!とビビビッと来た方を勝手に紹介します

こんにちは、寝る前に国会中継動画を見始めると夢中で朝まで見てしまう、無限ゼロ@worldmech_laboです。国会中継動画を見ていて、この人頭良すぎ!とビビッときた方を紹介いたします。

理系出身が国会中継になぜハマる?

わたしは政治に関しては、

お恥ずかしながら、ほぼ無知・・・

という知識レベルの人間です。

理系出身で、政治経済は「苦手な分野」で通してきましたが、なぜか最近「国会中継」が面白くて仕方ない。その理由は、

東大出身など頭いい人の論理、議論の美しさが楽しめる

まさに、ツボ!「なるほど~~!そう来るか!」と電気も消えた布団の上で感心しきり。

そして中継動画を見ていて、

この人頭良すぎ!

と個人的に感じた人を、紹介させていただきます。

天才?議論の美しい国会議員【1】:稲田朋美 防衛大臣

稲田防衛大臣
稲田防衛大臣:稲田衆議院議員HPより引用

この人、本当に頭がいいと私は思います。議論が美しい。相手の土俵には決して乗らない冷静さ、賢さ。一体、どんな方なのか?稲田朋美衆議院議員HPを拝見しました。

稲田防衛大臣DATA
学歴 早稲田大学 法学部卒業
職歴 弁護士を経て平成17年に衆議院議員に初当選。政治家へ。
実績 平成24年 内閣府特命担当大臣(規制改革)(~平成26年9月)
行政改革・公務員制度改革担当大臣
クールジャパン戦略担当大臣
再チャレンジ担当大臣
平成26年 国家公務員制度担当大臣
自由民主党政務調査会長
平成28年 防衛大臣

弁護士から政治家へと転身されたのですね。

その国会答弁における論理の流れ、筋の通った発言、言葉の明確さなどなど、頭の良さがにじみ出てしまっています。

その議論の強固さは素晴らしく、ちょっとやそっとの答弁では絶対に崩れなさそうな安心感が。

相手議員の誘導質問に対する受け答えにおいても、個人的な印象や見解ではなく国としての言葉の定義や見解を用いて議論を展開。

相手の土俵に乗ることなく、相手の議論の前提条件を成立させないことで、自分のペースで議論を展開していく冷静さ、賢さ。

また多くの政治家が周辺国に気を使いながらの発言を行いがちな領土問題、戦時中の慰安婦問題に関してもハッキリと日本を守る!という政治家としての覚悟が感じられて、私利私欲を超えて本当に日本を守ろうとしている政治家!という印象を私は持っています。

発言している動画を拝見しているだけで、清々しさと言ったら大袈裟ですが、そのようなモノを感じ取ることが出来ます。

お話を聞いていたくなるような政治家って、すごいのでは?・・・なんて、にわか国会中継FANの私は思うのです。

2017.8.2追記:日報問題で引責辞任に。残念ですが、今後に期待!

天才?議論の美しい国会議員【2】:山尾志桜里 民主党議員

衆議院議員山尾志桜里.jpg
By Mukimuki52投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, Link

この方の答弁も素晴らしい。いや、答弁と言うか議論がハンパなく上手い!というのがより正確。

首相とのやり取りにおいても全く屈することなく自分のペースを崩さすに、冷静にコツコツと核心部分に迫っていく。

相手の答弁がどうであろうと関係なく、狙った議論の展開から脱線することを許さずに進めていける?そんな凄さを感じ取りました。

この方と議論して勝てる人はいるのだろうか?

そんな素朴なギモンが。間違いなく頭がいい。もっと知りたい!と検索してみました。

山尾志桜里 民主党議員DATA
学歴 東京大学法学部卒業
職歴 検事を経て平成21年に衆議院議員に初当選。政治家へ。
実績 平成28年 民主党 政調会長

山尾志桜里議員も、稲田防衛大臣と同じ道、すなわち司法試験に合格して検事から政治家へ歩まれています。しかも東大出身。どおりで発する言葉の歯切れ、勢い、論理の展開がキレキレなわけです。

法律の知識、議論の腕は磨かれているでしょうから、それに政治の知識や分析力が加われば、鬼に金棒な政治家となるのもわかる気がします。

2017.9.10追記:疑惑報道があり離党されることに・・・残念ですが、今後に期待!

絶対に大物になる!とビビビッと来た方を紹介します:まとめ

個人的には、稲田防衛大臣と山尾志桜里議員と切磋琢磨して、この日本をより住みやすい国にする議論を活発に行なっていただけたら、、、ものすごいスピードで日本は変わるのでは?

この二人の真剣で熱い答弁を拝見していると、二人は間違いなく日本を代表するような大物になる!そんな予感を感じます。

また、議論展開を美しく破綻なく整え、適切に言葉を使うことで発言の力が何倍にもなる!

「ブロガー」という言葉がとても大切になる職業を目指している私、政治家の熱くも冷静な議論からも学びを深めて参ります。