LINEでおしゃべりしながら任天堂スイッチで遊ぶ方法

2018年8月3日

LINEしながらスイッチで遊ぶ

LINEで友達と会話しながら任天堂スイッチで遊ぶ方法をご紹介します。必要なものとつなぎ方をご紹介します。

必要なものを準備する

LINEしながらスイッチで遊ぶために必要なものは、次の3つです。

  1. マイクがついたヘッドセット
  2. belkin マルチイヤホンスプリッター
  3. マイク、スピーカー分岐ケーブル

それぞれご紹介します。

マイクがついたヘッドセット

まず、マイクが付いたヘッドセットが必要です。うちの子が、家電量販店でほぼすべてのヘッドセットを実際に被ってみて、耳が痛くならず、音質がいいと選んだのがロジクール G433BKでした。

痛くならない理由は、この耳あて部分の形状です。

ロジクールG433BKの耳あて部分

耳全体をすっぽりと覆ってくれ、耳の外側にパッドが来るので耳は痛くなりません。また、押し当てられた耳たぶと頭の間に汗をかくこともなく、3時間以上の長い時間でも快適に遊べます。

belkin マルチイヤホンスプリッター

スマホのLINE音声とスイッチからのゲームサウンドを合成してくれる装置です。スプリッターという商品名称ですが、簡易的に音声の合成もしてくれる。ゲーム通話するためであれば、安価だし十分な性能です。

マイク、スピーカー分岐ケーブル

このケーブルで、ヘッドセットから音声出力を取り出せます。一方をラインへの出力として使い、もう一方をヘッドセットへの入力として使います。

その他、必要なケーブル類はG433ヘッドセットに同封されています。

ヘッドセットのつなぎ方

以下、手順を説明します。この通りに接続すれば友達とラインでおしゃべりしながら、スプラトゥーン2やフォートナイトで遊べます。

手順1.分岐ケーブル(ヘッドホン側)とスプリッターをつなぐ

まず、分岐ケーブル先端のマークを見てください。マイクとヘッドホンのマークがあります。

マイク、スピーカー分岐ケーブル
差し込み口のマークを確認

2つある差し込み口の中で、ヘッドホンマーク(画像左)とスプリッターをつなぎます。

分岐ケーブルとスプリッターをつないだ画像
ヘッドホンとスプリッターをつなぐ

手順2.分岐ケーブル(マイク側)と付属ケーブルをつなぐ

次に、分岐ケーブルのマイク側と、ヘッドセットに付属の二股ケーブルをつなぎます。

分岐ケーブルと二股ケーブルを繋いだ画像
分岐ケーブル(マイク)と付属のケーブル(マイク)をつなぐ

このとき、画像のようにマイク側同士をつなげてください。

マイクピン同士をつなげた画像
マイク同士をつなげてください

この手順を行うことで、ヘッドセットを使った自分の話し声が友達に伝わるようになります。

手順3.スプリッターと付属ケーブルをつなぐ

次に、ヘッドセット付属のケーブル(ヘッドホン側)をスプリッターにつなげます。

スプリッターと付属ケーブルがつながった画像
スプリッターにヘッドホン音声をつなげる

スプリッターには5つの差込口がありますが、どこでも大丈夫です。

手順4.スプリッターと任天堂スイッチをつなぐ

次に、スイッチ本体上部にあるヘッドホン端子と、スプリッターの空いている端子を接続します。使用するケーブルはヘッドセットに付属しています。

手順5.付属ケーブルとスマホをつなぐ

さらにマイク音声側をスマホに接続します。

ケーブルをつなげた画像
完成図

手順6.分岐ケーブルとヘッドセットをつなぐ

最後にヘッドセットに分岐ケーブルを差し込めば完了です。

あそぶ前に:動作確認してください

ゲームで遊ぶ前に、ちゃんと接続できているか確認してください。

  • ゲームの音声が聞こえるか
  • 友達とLINE通話ができるか

聞こえない場合は、次のことを確認してください。

  • スイッチ、スマホの音量を調整する
  • つなげた端子が、しっかり奥まで刺さっているか確認する
  • マイク同士、ヘッドホン同士がつながっているか確認する

特に、スプリッターの差込口は結構キツめなので注意してください。

まとめ

LINEでおしゃべりしながらスイッチであそぶために必要なもの3つと、ヘッドセット、スイッチ、スマホのつなぎ方をご紹介しました。

友達といっしょに遊ぶと、いつものゲームが10倍は面白くなります。マナーを守って楽しく遊びましょう。