Thermaltake 強化ガラスPCケース H200TG RGBレビュー

2019年11月28日

Thermaltake H200TG RGB PCケースの画像

Fortnightを快適に遊べるPCを自作するにあたって、悩んだのがPCケース。条件は、

  • RGBパーツを満喫できる強化ガラス、
  • 黒色、

の二つ。結局、ThermaltakeのH200TG RGBにした。初の自作PCでもなんとか組み立て完了、結果的に満足できたのでレビューします。

H200TG RGBの基本スペック

まず基本的なスペックをご紹介します。概要は、公式動画をご覧ください。

Thermaltake H200TG RGBの公式動画(Youtubeより)

このPCケースのキーワードは、

  • 強化ガラス
  • RGB 装飾
  • ATX、mATX
  • 1万円弱

の4つ。

各部の寸法

各部の寸法を購入した実機で計測しました。

  • ケース正面横幅:21cm弱
  • ケース正面高さ:44.5cm
  • ケース奥行き:42.5cm
  • 電源部高さ:10.3cm
  • 電源部横幅:19cm

強化ガラスについて

強化ガラスの寸法も計測しました。

  • 横:40.5cm
  • 高さ:43cm弱
  • 厚み:4mm

色合いは薄っすらとグレーがかってる。水族館のアクリル水槽みたいに、ゆがんで見えることはない。クッキリときれいに見える。

ドアのように横開きで開けられるので、内部掃除もサッと気軽に出来る。

接続端子について

Thermaltake H200TG RGBの上面端子と外観
手前上部の端子類

本体上部に各部端子がある。

  • USB3.0:2口
  • ヘッドホン、マイクジャック:各1口

ほかにケースRGB切り替えスイッチ、電源スイッチがある。

ケースファンについて

本体背面に12㎝ケースファンが1つ設置されている。ただし光らないタイプ。せっかくの強化ガラスなので、別途光るRGBファンを購入した。

使った印象

初の自作PCだったので、無知ゆえに戸惑う点はたくさんあった。これは別の記事にまとめた。

配線も何回もやり直した。しかし、慣れた方であれば、スムーズに導入できるはず。

完成後の印象は次の通り。

カッコいい!

RGBファンが設置された自作PCの内部
キレイでついつい見とれてしまう

まず何よりもカッコいい。お気に入りポイントは、

  • 強化ガラス
  • フロントLEDバー
  • 電源部が隠れてる、裏配線でスッキリ

の3つ。裏配線は付属のマジックテープでまとめられる。やり直しもできて便利。

電源部分が隠れるのもポイントが高い。配線、超下手だけど・・・(´・ω・`)

Thermaltake H200TG RGBの電源収納部

コツコツと直していく。

静音性が高い

ゲームPCは消費電力がすごくて爆音!というイメージがあった。しかしFortnightで遊んでいる限りでは、今まで使っていたPS4よりも静かな印象。

ちなみにケースファンは3つ取り付けてる。

RGBケースファンを取り付けたPCケース
暗めの部屋だとLED映えしてキレイ

メンテしやすい

新しいPCケースだけあって色々と工夫されてる。それはメンテのしやすさにつながってる。

強化ガラスは片手で開け閉めできる

Thermaltake H200TG RGB PCケース
Thermaltake H200TG RGB PCケース

強化ガラスは手前に引くだけで、ドアのように開けられる。重いガラスを片手で開け閉めできるので、掃除も楽。

裏配線カバーも外しやすい

裏配線側は、ガラスではなく本体と同じスチール製。指で回せるねじ2つで止められている。ねじを外したら、カバーを後ろにスライドすると外せる。

厚みのあるホコリフィルタ

Thermaltake H200TG RGBの上面フィルタ
厚みのあるフィルタ、高級感あり

ケース上部のフィルタは乗せてあるだけ。しかし厚みのあるしっかりした素材なので、ケースファンを回してもバタバタ暴れたりすることはない。

まとめ

フォートナイトを快適に遊ぶために自作PCに初挑戦。PCケースはThermaltakeのH200TG RGBをチョイスしました。戸惑いながらの自作でしたが、見た目もカッコよくて満足な製品でした。