【ダイソン掃除機】故障?電源が入ったり切れたりする場合の診断手順

2018年7月1日

ダイソン掃除機の画像

ダイソン掃除機を使おうとしたら、電源が入ったり切れたりを繰り返す。故障かな?と思ってダイソンサポートセンターに問い合わせたら、故障ではありませんでした。サポートセンターで教わった診断手順をご紹介します。

ダイソン掃除機の診断手順

サポートセンターの方に教えてもらった診断手順は次のとおり。

1.掃除機のノズルを本体から外して動作確認

本体から先のノズル部分を外し、その状態で電源を入れる。この段階で解決した場合は、ノズルの詰まりが原因。ヘッド部分やノズル内部の詰まりを取り除けばOK。

解決しない場合には次の手順へ。

2.ノズル接続部から掃除機の中を覗き込む

ダイソン掃除機のノズル接続部

外したノズル接続部分から本体内を覗き込む。異物、詰まりがあれば取り除く。

3.本体上部のフィルターを外して動作確認

次に、本体上部のフィルターを引き抜く。

ダイソン掃除機の上部フィルターを外している画像

空いたフィルター口を手のひらで塞ぎながら(下の画像)電源を入れる。

ダイソン掃除機を診断している画像

この状態で正常に動くのであれば、フィルターの目詰まりが原因となります。

サポートセンターの方のお話では、

フィルターが詰まるとモーターに過大な負担がかかります。モーターを保護するために安全装置が作動して停止する仕組みになっています

とのこと。つまり、

動く
→ 安全装置が作動
→ 動く
→ 安全装置が作動

の繰り返し状態になっている。

フィルターの掃除方法

対応してくださったオペレーターの方に、フィルターの掃除方法も教えていただきました。

1.メッシュ部分を手で揉む

ダイソンフィルターを掃除している画像

引き抜いたフィルターのメッシュ部分を、ホコリを浮かせるようにもみほぐします。

2.しっかり水洗い

バケツなどに水をためて、ジャバジャバとホコリを洗い落とします。

3.24時間以上かけてしっかりと乾燥させる

陰干しで24時間以上、しっかりと乾燥させてください。乾いているのを確認したら本体にセットして完了です。

急ぐならアマゾンのお急ぎ便で

24時間以上も待てない場合には、アマゾンのお急ぎ便で新しいフィルターを買うのがおすすめ。最短で当日、または翌日に届きますので、24時間以上乾燥させている間に届いてしまいます。

以前は純正品をご紹介してましたが、注文したら「箱だけ届いて中身がない!」という有り得ないことがあったので違う商品に差し替えました。

また、洗ってフィルター詰まりが解消されても、ホコリ臭が落ちない場合もあります。せっかく洗ったのに、結局は新しいフィルターを買うことになった・・・というムダがありません。

新しいフィルターに替えても臭いが落ちない場合は、サイクロン内部の掃除が必要です。

詳細はサイクロン内部を分解掃除してピカピカにした記事を参照ください。

まとめ

電源が入ったり切れたりして故障したかな?と、ダイソンに問い合わせたらフィルターの目詰まりが原因と判明。フィルターを交換して無事に解決しました。

もし解決しない場合には、ダイソンのサポートセンターに問い合わせてください。電話は混雑していて繋がりにくいですが気長に待ちましょう。最善の対応策を教えてもらえます。