Zwiftデータをガーミンと連携して一元管理する

2018年12月20日

zwiftとガーミンをデータ連携させる画像

Zwiftとガーミンコネクトを連携させて、サイクリングデータを一元管理する方法をご紹介します。

Zwiftのマイページでアカウントを連動させる

Zwiftとガーミンでアカウントを連動させるには、まずマイページにアクセスします。

>> Zwiftのマイページへ

左上の「SETTINGS」をクリック。

Zwiftマイページの画像
Zwiftのマイページ画面

左下の「CONNECTIONS」をクリック。

Zwiftのアカウント連携設定
SETTINGS → CONNECTIONSを選択

下にスクロールしてGARMINを探す。

「CONNECT」をクリックしてアカウント情報を入力。

Zwiftとガーミンのアカウント連携設定
接続完了すると「DISCONNECT」表示になる

ガーミンアカウントでサインインします。

「CONNECT」から「DISCONNECT」表示になっていれば完了です。

次回のライドから連携される

連携は次回のライドから適用されます。

ライドレポートがZwiftとガーミンの両方にアップロードされます。

GARMINとの連携が完了したZWIFTの保存画面
保存画面でGARMINがアクティブになっている

これで、ガーミンコネクトからも参照できるようになる。

Zwiftマイページのデータ
Zwiftマイページのデータ

Zwift↑とガーミン↓にアップロードされた。

ガーミンコネクトのデータ

固定ローラーからの出力なので、心拍数は拾えていない。

負荷固定のローラーなので、一定のパワーで漕ぎ続けられる。

ガーミンコネクトのデータ

連携前のデータは、ダウンロード&インポート

アカウント連携前の旧データをガーミンに取り込むことも出来る。

Zwiftマイページからデータをダウンロードして、GarminConnectにアップロードすればいい。

Zwiftマイページからデータをダウンロード
Downloadをクリックしてデータをダウンロード

ガーミンコネクトの右上にあるアップロードをクリック。ダウンロードしたデータを選択してアップロード出来ます。

ファイルをガーミンコネクトにアップロード
アクティビティのアップロード

以上でデータを閲覧できるようになります。

Zwiftデータをガーミンと連携 まとめ

ZwiftとGarminのアカウントを連動させる方法をご紹介しました。

リアルとバーチャルの累計距離や消費カロリーを一元管理できて便利です。