Zwiftで1年@12000km走ったビフォーアフター

ZWIFTのログイン画面
Zwiftビフォーアフター

Zwiftをはじめて丸1年。
走った距離は12,656km。

脚力はついた?
FTPは?
痩せた?

ビフォーアフターをご紹介します。

フィジカルのビフォーアフター

まずはフィジカル面の変化から。

FTP(Functional Threshold Power)

FTPが244から259に上昇したことを説明する画像
FTPは259wになった

脚力の目安、FTP。

なんちゃってZpowerですが、
218W(2月)から259W(10月)まで上昇。

  • 218W(2019.2.22@初計測)
  • → 232W(2019.3.16)
  • → 239W(2019.3.21)
  • → 246W(2019.4.23)
  • → 248W(2019.4.26)
  • → 259W(2019.10.8)

6月に落車して228Wまで急落したものの、
10月には記録更新できた。

パワーウェイトレシオは、2.9w/kgから3.8w/kgに。

ヒルクライムのタイム

ヤビツ峠と箱根で比較。

ヤビツ峠のタイム

ヤビツは1年で11分短縮。

ヤビツ峠ビフォーアフター
名古木~蓑毛バス停23分39秒18分9秒
~菜の花台23分9秒20分28秒
~ヤビツ峠20分32秒17分43秒
合計タイム1時間7分20秒56分20秒
ヤビツ峠の記録

箱根のタイム

箱根は14分短縮できた。

計測区間距離ビフォーアフター
箱根湯本~大平台3.8km22分20分
~宮ノ下交差点2.4km13分8分
~小涌園バス停2.3km16分15分
~1号最高地点4.4km31分25分
箱根湯本~最高地点12.9km1時間22分1時間8分
箱根ヒルクライムの記録

体重:Zwiftは痩せる?

「痩せるぞ!」と決心して始めたZwift。
74kgからスタートした。

その後、なぜか増え続けて夏には76.9kgに。

アバターが太マッチョになって
痩せたい気持ちに火がついた。

食事制限も始めて年末には68kgに。
Zwiftだけでは痩せない。

トレーニング環境のビフォーアフター

フィジカル面に比べると、トレーニング環境はほぼ変わってない。

固定ローラー ELITE Qubo Fluid

Elite Qubo Fluidで練習していることを示す画像
静かでお気に入り

ELITE Qubo Fluidを使い続けてる。
静かだから。

Zpowerなのは残念だけど、
ダイエット目的ならこれで十分。

(※)2020年、パワーメーター購入。

心拍センサーを追加

キャットアイの心拍センサーHR-12
心拍数を計測して効率トレーニング

Zwift専用にBluetoothの心拍センサーを購入。

ガーミンを使いたかったけど、
認識してくれなかった↓

ローラータイヤ

固定ローラー専用タイヤのひび割れを説明する画像
12000kmでひび割れ発生

ELITEの専用タイヤCoperton。
パンク1回。12000kmでひび割れ。

サイクルパンツはSantic一択

ずっとSantic。
2020年版は漕ぎやすく改良されていた。

サドルは迷走してism

ism PR3.0サドル
痛みがなくなった

迷走中のサドル選び。
メルカリで売買を繰り返した。

デフォルトサドルから、

  • → VELO PLUSH
  • → SMP HELL
  • → FIZIK ARIONE R3
  • → あさひカスタム
  • → パワー風サドル
  • → GIANT Contact Forward
  • → スペシャライズド(レディース)
  • → wiggleエンデュランス用

と交換。

現在愛用しているのは
トライアスロン用のismPR3.0。

モーガンブルーのシャモアクリームとの併用でお尻の痛みは解消できた。

※2020年はMTB用のサドルにしました。

フラット→ドロップハンドル

年末に中古ショップでドロップハンドルを購入。
スペシャライズドのターマック。

※2020年、フラットハンドルに戻しました。

Zwiftで1年練習した結果まとめ

ZpowerながらFTPが259Wまで上昇し、
箱根のタイムは14分短縮。

痩せるという目標は、食事制限と併用で達成。

2年目も漕ぎ続ける。
継続だけが力なり。

2019年12月22日Zwift,サドル

Posted by 無限ゼロ