Zpowerの誤差と高効率トレーニング:Zwift3年目での考察

Zwiftを始めて丸2年経過。

Zwiftから届いた、2周年お祝いメール
2周年お祝いメール

漕ぎ続けて実感したZpowerのウソっぷりと
もっと早く知りたかった高効率トレーニングについてお伝えします。

Zpowerの誤差について

Zpowerで費用を抑えてZwiftを始め、
その後パワーメーターでZwiftするようになった。

パワーの激減ぶりに驚いたし、ガッカリした。

このZpowerの誤差についてまずは書いておきたい。

Zpowerで乗り出し費用を抑えた

乗り出し費用を抑えるために、
液体抵抗の静音固定ローラー」と「MisuroB+」でZwiftを始めた。

Elite社のMisuroB+
Elite社のMisuroB+

出力は、固定ローラーの回転数から計算される。

一見、正確な値を出し続けそうなものだけど
大きな落とし穴が・・・

走り始めは結構正確な値をはじき出すものの、
なぜか時間と共にパワーが出やすくなる。

原因は、液体抵抗の熱ダレ。

高温になるとサラサラになって(?)
ペダルが軽く回っちゃう。

前半キツイけど、後半は楽・・・
レースでもワークアウトでもそんなイメージだった。

なので負荷が軽くなる後半だけ頑張れば、
異様に高いFTPが出て「オレって速い!」と勘違いすることになる。

レースなんて出たことない初心者が
一流市民レーサーみたいなFTPをたたき出す。

このハンディのおかげで、他のライダーと競い合えた。
レースのモチベーションが上がってた。

パワーメーターを導入した結果

パワーメーター導入後は、
右肩上がりから右肩下がりの出力グラフに・・・

実際に、Zpowerとパワーメーターの誤差はどれほどなのか?

手持ちの機材での自己ベスト同士を比較しました。

Zpower4iiiiパワーメーター
EliteキューボフルードとMisuroB+4iiii左クランクパワーメーター
Zpowerとパワーメーターの比較機材

キューボフルードのZpowerは時間と共に出力が高くなるので、
正確な誤差(?)も出しにくいのですが、

とりあえず、インズブルックのKOM2周目で
記録した自己ベスト259Wを参考データとします。

FTPが244から259に上昇した画像
Zpowerで記録したFTP

パワーメーターは素直にFTPテスト(Short)の186Wを採用、
したいところですが数日後のレースで記録した192Wを使います。

パワーメーターで記録したFTP
パワーメーターで記録したFTP

この結果、ZpowerのFTPはパワーメーターの3割増しでした。

ZpowerFTPパワーメーターFTP誤差
259W(3.7w/kg)192W(2.7w/kg)約3割増し
ZpowerのFTPは3割増し

パワーウェイトレシオは3.7→2.7w/kgになって、
カテゴリBの上位からCの最下位レベルに・・・

Zpowerの不正確さを思い知りました。

乗れば乗るほど速くなる?

乗れば乗るほど速くなる?
そうでもなさそう、と思い始めてる。

一番大事なのは「ポジションや乗り方」と思う。
要するに、乗り始める前の段階。

いかに効率よく漕ぐか?
根性論に持ち込む前に勉強すべきだった。

2年の間に一番目からウロコだったのは、仙骨意識。
下記の本で学んだ。

Zwiftでもリアルでも、身体全体を使った
足に頼らないペダリングができる。

Zwiftをしない筋トレの日が増えた。

身体の使い方を意識しながらの練習は、
低負荷でも十分に効率的。

我慢大会ではない本当の練習ができる。

Zwift3年目でわかったこと まとめ

2年前、思い切って始めたZwift。

3年目に突入してわかったZpowerの誤差、
効率的なトレーニングについてご紹介しました。

ペダルを回すというシンプルな動作なのに、
本当に奥が深い。

まだまだこれからです。

2020年12月24日Zwift

Posted by 無限ゼロ