人が少ない穴場スポットなら横浜港シンボルタワー!

横浜港シンボルタワーの外観

横浜港シンボルタワーまで往復50km、自転車で行ってきました。景色を見ながら思いのままに走るって最高に楽しい。

横浜港シンボルタワーへ

子どもと本牧海釣り施設に来るたびに気になっていた、横浜港シンボルタワー。

無料の駐輪場からシンボルタワーを目指して階段を登ると、中段の屋外展望台とタワー内の屋内展望台がある。

屋外展望台は、シンボルタワーをぐるっと一周できるようになっている。

撮影したのは週末の午前9時過ぎなのに、貸切状態。穴場スポットなのかも。

横浜港シンボルタワーの屋外展望台
貸し切り状態の屋外展望台

横浜の潮風や本牧ふ頭のコンテナ積み下ろし作業音を聞きながら景色を楽しめる。

横浜港シンボルタワーの屋外展望台から見たコンテナ群
本牧ふ頭ではコンテナの積み下ろし作業が行われていた

ベイブリッジ方面を見ると、手前の鉄塔がかぶる。

横浜港シンボルタワーの屋外展望台から見たベイブリッジ
ベイブリッジ方面の眺め

シンボルタワー展望台は入場無料。展望台へは階段でアクセス。

横浜港シンボルタワーの入り口と階段
シンボルタワーの階段

140段なので、ビル8階くらい?

子どもでも登れます。

近隣に少年野球グラウンドがあるためか、「スパイクシューズ禁止」という珍しい注意書きがありました。

登って早速ベイブリッジ方面を見ると、

横浜港シンボルタワーから見たベイブリッジ
シンボルタワー展望台からのベイブリッジ

ベイブリッジのかぶりなし!

でも、もう少し高くてもいいかも・・・

そして大黒ふ頭方面を見ると、大黒海釣り施設発見。大物がよく釣れるとか。

横浜港シンボルタワーから見た大黒海釣り施設
遠くに海釣り施設が見えた

反対方面に目をやると、本牧海釣り施設が見える。夕方にはアジがよく釣れる。

横浜港シンボルタワーから見た本牧海釣り施設
手前に公園が広がる本牧・磯子方面

馴染みのある場所を違う視点から見るのはとても新鮮。お天気にも恵まれて最高の気分転換が出来ました。

気になったもの

サイクリングの道中で気になったものを3つご紹介。

大きすぎる側溝

本牧ふ頭の大きすぎる側溝
ロードバイクはタイヤが挟まりそう

まずは大きすぎる側溝です。網目の幅は3cmはありそう。MTBの太いタイヤなら大丈夫ですが、ロードバイクは厳しそう。景色に見とれて走ってたら・・・なんて事にならないようにご注意を。

下向きの標識

次に、うつむきで具合が悪そうな標識。

向きがおかしい標識
下向きの標識

何があった?高すぎて橋にぶつかる?推察したら、設置された方の優しさを感じた・・・

立てかけられたトレーラー

巨大なレゴテクニックパーツ・・・ではなく、トレーラー。

立てかけられたトレーラー
トレーラーが立てかけられてた

収納効率は抜群でしょう。

まとめ

横浜港シンボルタワーまで自転車で行ってきました。

空いてるし景色は最高。小さいお子さんも安心して遊べそう。

一人(二人)きりになりたい時におすすめ。

2018年9月8日おでかけ

Posted by 無限ゼロ