大木巡り:鶴巻の大欅(けやき)に癒される

縄文時代の本を読んだら大木を見たくなり、鶴巻の大欅へ。

樹齢600年の欅は、すべてを包み込みながら存在していました。

鶴巻の大欅
鶴巻の大欅

神奈川で最も太いケヤキ

案内板には、

県下で最も太いケヤキで「逆さほうき」状のケヤキの典型的な樹形ではなく、むしろエノキに似ているため、昔から大エノキとして親しまれてきた。
昭和59年12月には「神奈川の名木100選」に選定されている。

・樹高 30m
・胸高周囲 10m
・樹齢 600年(推定)

案内板より

とあった。

鶴巻の大欅の案内板
幹回り10m、高さは30m

手前の自転車が大体180cm。

鶴巻の大欅と自転車
おへそのようなコブがある

大きなコブの内部は空洞のようだった。

大欅の内部を覗き込んだ画像
大欅の内部は空洞のよう

観察しているとパラパラ何かが落ちてきてヘルメットにカツン!と当たる。

見上げると口のようなところがあった。

大欅の口
大欅の口

スーハー呼吸してそう。

大欅の注連縄
大欅には注連縄(しめなわ)

幹には釣り合わないくらい細い注連縄(しめなわ)が巻かれている。

600年の間には、いろいろあったであろう痕跡も。

鶴巻の大欅
ケヤキの中に幹が見える

素手で触ってみるとコンクリートのよう。

ベンチに座って眺めていたらご年配の方が話しかけてきた。

  • どちらから?
  • これからどこへ?
  • すごいでしょ、この樹。

このケヤキを誇らしく思われている様子だった。

大木を眺める

枝では鳥たちが休んでいた

耳を澄ませていると、鳥たちの鳴き声が葉の揺れる音に混ざって聞こえてくる。

お構いなくあり続けるケヤキ。

周りが住宅地に変わろうとも、電車が走ろうとも、お構いなくあり続けるケヤキ。

周りがどんなに変わろうともすべて受け入れて、ケヤキとしてあり続ける。

そんな包容力を感じました。

以前、水晶玉を初めて握ったときと同じように、脳がジーンとしました。

浄化されたのかな。

帰ったら家族の機嫌が良くてびっくりしました。

大欅に癒された まとめ

鶴巻の大欅、すべてを受け入れるその包容力に癒されました。

ベンチに座って時の流れを感じてみてはいかがでしょうか?

【ご参考】
・入場無料、駐車場はなさそう
・住宅地の一角にある
・詳細は秦野市の公式HPで確認ください

走行データ

  • 走行距離:77.94km
  • 時間:4時間1分
  • 獲得標高:673m
  • 消費カロリー:1638kcal
  • 平均心拍:121bpm

2020年11月9日巨木巡り

Posted by 無限ゼロ