iPhone画面(Zwift)をTVに出力できるApple Lightning Digital AVアダプタを購入した

2019年7月23日

iPhoneの画面をTVにつないで大画面でZwiftしている画像

iPhoneでZwiftをやるようになったら、文字が小さすぎて見えない!ライバルの出力、タイム差がわからない!

そこで、iPhoneのZwift画面をTVやモニタに出力したら見やすくなって、臨場感も大幅にアップ。いつまでも漕ぎ続けたくなるくらい楽しくなった。

商品選びで失敗した体験や、廉価製品と純正品の違いも合わせてお伝えする。

iPadmini3でZwiftするリスク

iPadmini3の場合、通常走行ではカクカクしたり落ちるといったトラブルは少ないが、レースとなると処理能力が足りないのか表示がおかしくなる。

iPadmini3でのZwiftアプリ問題

  • 画面がカクカク
  • ライバルが突然消えたり復活したり
  • 最悪の場合、アプリが落ちて強制リタイヤ・・・(ノД`)・゜・。

とくにTour Of Watopiaなど参加者の多い人気レースは危ない

iPadmini3でZwiftレースに参加している画像
動作が不安定で今ひとつ集中できない
Zwiftアプリを再起動した画面
万が一アプリが落ちたらレース復帰は絶望的

そこでスマホショップのキャンペーンを活用して、処理能力が高めなiPhone8に乗り換えた。

しかし、いざiPhone8でZwiftすると画面が小さく、文字はさらに小さくて見えない!

さらに臨場感も失われて楽しさが半減したような・・・そこで、iPhoneの画面をTVやモニタに出力しようと考えた。

iPhone8の画面をTVやモニタに出力する2つの方法

ネットで調べたら、

  1. AppleTVで接続する方法、
  2. デジタルAVケーブルで接続する方法

の2つがあることがわかった。それぞれのメリット・デメリットは以下の通り。

AppleTVで接続

メリット

  • wifiで接続するので配線がスッキリ

デメリット

  • ケーブル接続に比べて費用がかさむ
  • wifiやアプリの設定が必要

デジタルAVケーブルで接続

メリット

  • 費用が抑えられる
  • 設定不要で導入が簡単、持ち運びできる

デメリット

  • 有線なので配置に制約が出てくる

費用はなるべく抑えたかったし、AppleTV4KよりもiPhone8のCPUが高速とのベンチマーク結果からデジタルAV接続方式を採用した。

アップル純正デジタルAVケーブルで大画面出力

TV出力に必要なもの

アップル純正デジタルAVアダプタの画像
リンゴマークが純正の目印

デジタルAVケーブルは各社から発売されているけど、アップル純正デジタルAVアダプターを使うべき(理由は後述)。あとはTVやモニタと接続するHDMIケーブルも、お手元になければ準備してください。

TV出力するのに必要なもの

あとは手持ちのiPhone、充電ケーブル。

TVやモニタとの接続方法

純正品であれば、ケーブルをつなぐだけでオッケー。認証など面倒な手順もない。

アップル純正デジタルAVアダプタの箱に記載された接続方法

差込口がそれぞれ違うので、間違えようがない。充電しながらZwiftできるので、電池残量に気を使うことなくレースに集中できる。

大画面Zwiftは超快適

iPhone8の画面をTVとPCモニタに出力した画像
TVは音がいいので臨場感がハンパない
メモ:画面サイズの比較

iPhone8(4.7インチ)を1とすると画面の面積比は、PCモニタ(24インチ)で約25倍、TV(42インチ)では約80倍

TV画面に出力したら、字が見やすい!ライバルたちとのタイム差、パワーレシオ(w/kg)も余裕で見れる。

想定外だったのは、TVから出てくる音の良さと景色の流れる速さ。体感的にはいつもの10㎞/h増し。猛スピードで走ってる感なので、気分が乗って最後まで集中できる。さすが純正品。

動作確認したiOS、アプリ

真偽の分からない情報が飛び交っているようなので、動作確認できたiOSを書いておきます。

iOS12.4.1で使えました

amazonのレビューには「iOS12では使えない」とか書かれてるけど、そんなこと全くない。iOS12.4.1でもつなぐだけでバッチリ使えてます。

iOS13.1.2で使えました

iOS13.1.2でも動作確認しました。変わらず快適に動いています。

Amazonプライム動画も見れた

Amazonプライム動画も大画面で楽しめます(iOS13で確認)。しかも、手元のiPhoneはリモコン(一時停止、早送りなど)として使えるので超便利。

iPhone8でも処理速度は不十分

iPhone8でのZwift、処理に余裕があるわけではなさそう。まれに描画が欠落するし、発熱もある。

描画が消えたり復活したりする

画面の描画が毎回おかしくなる場所を見つけてしまった。Volcanoコースの中の岩が消えたり現れたりする。

毎周消えてた

ダウンタウンからVolcano Flatに左折した先のところ。通るたびに消えたり復活したりする。

発熱がある

1時間くらいZwiftしてからiPhone8を触ると、お風呂の温度レベルに熱くなってる。念のため、プラスチック製のiPhoneケースは取り外してスマホアームに設置してZwiftしてる。

今のところ、フリーズや自動シャットダウンはない。ゲーム用の高性能パソコンが欲しくなる。

【重要】非純正品のAVアダプタはおすすめしない!

純正品を強くおすすめする理由は、2000円前後の廉価製品を買って失敗したから。個体差もあるとは思うけど、

廉価アダプタの問題点

  • 走行中の画面がカクカク:iPadmini3よりもひどい。常にカクカクするので目が疲れる
  • 画像がぼやける:アナログTVのような解像度
  • たまに画面が真っ暗になる:出力が安定しない。落ちて再起動してる?
  • 二日目から使えなくなった:問題外だよ・・・

といった状態だったので、申し訳ないが返品させていただいた。

無駄な労力を費やさないためにも、iPhone画面をTV出力するなら断然アップル純正デジタルAVアダプターです。安さも大事だけど、品質はもっと大事だから。

デジタルAVアダプタを購入した まとめ

Zwiftレースの画像
スピード感、臨場感がアップして最後まで集中できた

デジタルAVアダプターを使ってTVやPCモニタに表示させたら、小さい文字もバッチリ見えるようになった。

大画面によってスピード感と臨場感もアップして大満足。ただしアップル純正デジタルAVアダプター限定です。