iPhoneを大画面に出力してZwiftする方法

2019年7月23日

iPhoneの画面をTVにつないで大画面でZwiftしている画像

iPhoneでZwiftしてると、画面が小さくて寄り目になっちゃう。

大画面TVと接続したら、流れる景色の中を走ってる感覚で夢中になれた。

この記事では画面出力で失敗した体験と学びをお伝えする。

Zwift@iPhoneでは盛り上がらない

iPadminiからiPhoneに買い換えたら、画面が小さくてモチベーション下げ下げ。

だって7.9インチから4.7インチだから、表示面積はざっくり3分の1。

寄り目のイラスト画像
きっと寄り目になって踏んでる

手持ちのTVやモニタに出力できれば、戦意モリモリで行けるのに・・・

iPhoneを大画面TVに出力する方法

ネットで調べたら、

  1. AppleTVで接続する方法、
  2. ケーブルで接続する方法

という2つの方法があった。

それぞれメリット・デメリットがある。

AppleTVで接続

メリット:無線接続なので配線がスッキリ

デメリット:AppleTV購入費用がかかる。無線接続やアプリの初期設定

ケーブルで接続

メリット:安い。つなぐだけ。持ち運びできる。

デメリット:使用するたびにつなぐ手間あり

費用はなるべく抑えたかったのと、AppleTV4KよりもiPhone8のCPUが高速とのベンチマーク結果からケーブル接続方式にした。

互換品のケーブルで失敗

ここで二つの選択肢があった。

高いアップル純正品(5000円台) OR 安い互換品(2000円前後)

ケチって安い方を買って失敗した。

個体差もあるとは思うけど、

安い互換品の性能

  • 動画がカクカク:常にカクカクするので目が疲れる
  • 画像がぼやける:アナログTVのような解像度
  • たまに画面が真っ暗になる:出力が安定しない。落ちてる?
  • 二日目から使えなくなった・・・

といった具合だった。

すぐに返品させていただきました。

安さも大事だけど、品質はもっと大事。

アップル純正ケーブルで大画面出力

アップル純正デジタルAVアダプタの画像
リンゴマークの純正品

返品を済ませて純正品を買い直しました。

他には、

  1. HDMIケーブル
  2. TVやモニタ

が必要です。

HDMIケーブルは長いものがいい。

YoutubeやAmazonプライム動画を見るとき、iPhoneがリモコン代わりになるから。

TVとの接続方法

アップル純正デジタルAVアダプタの箱に記載された接続方法
接続方法は箱に記載されている

純正品はケーブルをつなぐだけ(安いヤツは認証が必要)。間違えようがない。

充電しながら使えるので、いいところで中断!なんてことはない。

Zwift@大画面TVは超快適

5000円台で大画面Zwiftが実現した。万歳!

iPhone8の画面をTVとPCモニタに出力した画像
東芝とPCモニタ(ともに1K:フルHD)に接続した

想定外だったのは、

TVから出てくる音の良さと景色の流れる速さ

で、体感的にはいつもの10㎞/h増し。気分が乗る!

ライバルたちとのタイム差、パワーレシオ(w/kg)も見やすい。

【ご注意】熱がこもりやすい

スマホケースをつけたまま大画面出力してたら、iPhone8が熱くなった。

取り外しての使用をすすめる。

Amazonプライム動画も見れる

Amazonプライム動画も大画面で楽しめます。

プライム動画を無料体験する
※30日間まで無料です。

Apple純正アダプタ iOS13で動作確認

Apple純正 Lightning – Digital AVアダプタ、動作確認できたiOSを書いておきます。

動作確認したiOS備考
12.4.1つなぐだけで使えた
13.1.2同じく快適に動く
13.3同じく快適に動く

純正品だから使えないはずがない。

iPhoneを大画面に出力 まとめ

Zwiftレースの画像
スピード感、臨場感がアップして最後まで集中できた

デジタルAVアダプターを使ってTVに接続した。流れる景色の中を走れて大満足。

純正品でも1年使えば1日15円、安い。

大画面出力に最適

HDMIケーブルなければ、合わせて準備ください。