iPhone画面のZwiftをTVに出力して楽しむ方法

2019年7月23日

iPhoneの画面をTVにつないで大画面でZwiftしている画像

iPhoneの画面を、最小限の出費でTVやモニタに出力してZwiftを楽しむ方法をご紹介。

大画面でZwiftするようになってから練習時間が増えて、FTPが3ヶ月で15wも上がりました。

iPhoneZwiftでは盛り上がらない

iPhone8でZwiftしてると画面が小さいので、

  • ライバルのパワーレシオ(w/kg)
  • 前後の選手とのタイム差

が見にくい。

特にレースでは、ライバルチェックは必須。

  • スパートした!
  • よし!千切ったぞ~!

とか、画面からしかわからない。

大画面で楽しく練習を積んで、レースでも結果を出したい。

そこでiPhoneから大画面TVに出力する方法を調べました。

iPhoneを大画面に出力する方法

ネットで調べた限りでは、

  1. AppleTVで接続する方法、
  2. ケーブルで接続する方法

という2つの方法があった。

それぞれメリット・デメリットがある。

Apple TV

メリット:無線接続なので配線がスッキリ
デメリット:初期費用がかかる、無線接続やアプリの設定が必要

ケーブル接続

メリット:安い、つなぐだけ
デメリット:使用するたびに接続する手間がかかる

費用はなるべく抑えたかったのと、AppleTV4KよりもiPhone8のCPUが高速とのベンチマーク結果からケーブル接続方式にした。

互換品を買って失敗した

費用を抑えたいがゆえに、純正品ではなく互換品を買って失敗した。

個体差もあるとは思うけど、

剛性感なし:ぐにゅっとした接続感
動画がカクカク:常にカクカクするので目が疲れる
映像がぼやける:アナログTVのような解像度
たまに画面が真っ暗になる:落ちてる?
二日目から使えなくなった

といった具合だった。

すぐに返品。

「不良品」ということで返金いただけたけど、手間がかかって時間も浪費してしまった。

費用は抑えたくても、ここはケチってはいけないところだった。

純正ケーブルを買い直し

Apple純正デジタルAVアダプタの外箱を紹介する画像
Apple純正デジタルAVアダプタ

「最初から純正品を買えばよかった!」

接続した瞬間、そう感じた。

差し込んだ時のしっかり感。もう全然ちがう。

Apple純正デジタルAVアダプタの箱裏の接続方法を紹介する画像
接続方法は箱に記載されている

しかも純正品はつなぐだけ。

安いヤツはよくわからない「認証」が必要だった。

ちなみに、HDMIケーブルは長いのおすすめ。

純正ケーブルでYoutubeやAmazonプライム動画を見るときに、iPhoneをリモコンとして使える(一時停止、早送りなど)から。

Zwiftは大画面でこそ盛り上がる

純正ケーブルでTVに接続したら、チャリから見下ろす感じになった↓

zwift画面を42インチTVに表示させた画像
42インチTVに接続したところ

けど、許容範囲内。

走ってみると、音が良くって景色も流れるように見える。

体感的にはいつもの10㎞/h増し!

ライバルたちとのタイム差、パワーレシオ(w/kg)も問題なく見える。

iPhone8の画面をTVとPCモニタに出力して画面の大きさをイメージしてもらうための画像
iPhoneの画面の小ささがわかる

面積比80倍!

視界的に、実走にかなり近づいた感覚。

画面の隅々に気を配りながら走れるので、いつものルートが短く感じるくらい。

大画面に接続してZwiftレースを楽しんでいることを伝える画像
大画面でレースに集中できた

結果としてたくさん練習することになって、3ヶ月でFTPが15wもあがった。

さらにiPhoneを充電しながら使えるので、200kmブルべでも電池残量を気にせずに楽しめました。

【注意点】熱がこもりやすい

唯一の注意点。

スマホケースをつけたままZwiftすると、iPhone8が熱くなる。

面倒でも取り外して使ったほうがいい。

動作確認できたiOS

Apple純正 Lightning – Digital AVアダプタ、動作確認できたiOSを書いておきます。

動作確認したiOS備考
12.4.1つなぐだけで使えた
13.1.2同じく快適に動く
13.3同じく快適に動く
13.3.1全く問題なし
13.5.1全く問題なし
動作確認できたiOS

純正品だから使えないはずがない。

Youtube、Amazonプライム動画も大画面で楽しめます。

プライム動画を無料体験する
※30日間まで無料です。

大画面でこそZwiftは盛り上がる まとめ

FTPが244から259に上昇した画像
FTPが上がった

アダプタを購入してから、3ヶ月で4000km走れた。

FTPも15w向上。

大画面で楽しくZwiftしながら、脚力つけたい方におすすめ。

あわせて読みたい