クロモリフレームに初めて乗った印象

クロモリフレームのクロスバイクの画像

購入したばかりのBASSOに初乗りしてきました。第一印象は「超乗りにくい・・・」。

今までのMTB風バイクとは違い過ぎて戸惑うばかり。しばらくは近場での練習になりそうです。

MTBとの違い

乗り慣れたMTBとは乗った感じがあまりに違う。具体的には、

  1. ハンドルが低い、軽い
  2. グリップが細い
  3. サドルが前乗り

この3つ。

ハンドルについて

クロモリフレームのクロスバイクBASSO「LESMO」
クロモリクロスバイク BASSO LESMO

ハンドルが低いのは超気になる。今までは「前」にあったハンドルが「下」にある感じ。

首をグイッと持ち上げないと前が見えない。

軽さもヤバイ。今までは段差に乗り上げようが、凸凹を走ろうが後ろを振り向こうが、勝手に真っ直ぐに進んでくれた。

BASSOはちょっとの力ですぐに曲がる。なので、段差や凸凹でハンドルを取られそうで怖い。

そして後ろを振り向くと右に寄って行ってしまう。

ハンドルバー、グリップも細くて思いっきり力を入れていいのか戸惑いを感じる。まだ慣れない。

サドルについて

乗っていたMTBに比べると、サドルが前に移動してる。

フレームのシート角が起き上がってスピードタイプになっているんだと思う。

乗っていたMTBのシート角は不明ですが、BASSOは74度(HPより)です。

51cmレスモは股下78cm~の人限定

今回、フレームサイズ51cmを購入しましたが、シートポストが長いのかサドルがほとんど下がらない。

BASSO LESMOの画像
LESMOのシートポストは2cmしか下げられない

股下80cmの筆者は、ほぼ一番下で乗ってます。

股下78cmないと、おそらくシートポストの交換が必要。もしくはパイプカッターで短く切るとか。

ライト類を取り付けた

フロントにはサーファスのコンパクトなライトを、リアにはキャットアイのテールランプを取り付けました。

サーファスのフロントライト
サーファスのフロントライト

サーファスのフロントライトは、トンネル内で点灯させて車からの視認性を良くするためなら十分。

夜間走行としては光量が全然足りません。街灯のない河川敷では全く見えなくて怖かった。より明るいものが必要。

CATEYEのテールライト
キャットアイのテールライトを装着

キャットアイの乾電池式テールライトは優秀。明るいし電池の持ちが素晴らしく良い。

まとめ

クロモリクロスバイクに初めて乗った第一印象は、「超乗りにくい・・・」でした。

それまでのMTBと違いすぎる。颯爽と乗りこなせるようになるには、まだまだ時間がかかりそうです。

2018年9月24日サドル,ヒルクライム,買い物

Posted by 無限ゼロ