クロモリのツーリング車で足柄峠へ

先日組み上げたクロモリフレームのツーリング車。

前回の記事で、シクロクロスフレームを購入してから組み上げるまでをお伝えしました。

今回は、横浜から足柄峠(759m)まで走ったインプレをお伝えします。

ツーリング車のギア比

貧脚でも足柄峠に登れるよう、11-34Tのリアスプロケットを新調。

組み上げ時の38-32Tに比べて、5.8%軽く漕げる計算。

フロント38Tと34Tを並べて大きさを比べている画像
フロント38T(左)と34T

シングル仕様にしてるフロントも34T(画像右)にしたかったけど、チェーン落ちによるアクシデントを避けるためにナローワイド38T(画像左)のまま行くことにした。

ちなみに38-34のギア比は1.12で、34-30(1.13)、36-32(同)に相当。

なんとかなるかと思ったけど、甘かった(後述)。

乗り心地について

足柄峠までの平坦路とヒルクライムでのインプレです。

平坦路では快走車

足柄峠に向かう平坦路では、空気圧高め(5気圧)なのでMTBよりは断然楽。

昔、スポルティーフという快走車があったけど、そんな印象。

時速20~25km/hで楽に移動できる。

とは言え、ガチのロードバイクはあっという間に視界から消える。

速く走るのだけが自転車じゃない!なのか、速度命!なのかで評価は変わる。

アルタスRDの変速はスムーズで快適、スタンドもつけたので気軽に撮影休憩できる。

超高性能ではない、超気楽。

165mmクランクは相変わらず漕ぎやすい。

6時半に自宅を出て、9時に松田駅(約41km)。

JR松田駅舎と自転車のサドル
富士山が見える松田駅前

ガーミンvivoactive3の充電休憩。電池残量50%だった。

足柄峠(激坂)では歯数が足りず

足柄峠への道
足柄峠へのアプローチ

足柄峠、途中までは最高でした。

空気も美味しいし、勾配も適度だし、車も少ない。

足柄峠までののどかな風景
のどかな風景の中を進む

心拍120~130bpm(推定140w)でのんびり行く。

トンネルをくぐった少し先だったか、急にジグザクしだして道路がグイっと上向いた瞬間、ギアの歯数が足りなくなった。

ずっと10~14%くらい。

足柄峠にある勾配14%の道路標識
アウトコーナーで14%の勾配

左曲がりのインコーナーは、さらに急勾配。

峠の手前100mあたりから人影が増え始めた。

足柄峠759mと自転車
やっとの思いで足柄峠759mに到着

秋真っ盛りなのに、汗だくで到着。

わたしの場合、フロント38Tでは厳しかった。30~34Tを試したい。

少し下った絶景ポイントで撮影して折り返しました。

足柄峠近くの富士山と自転車の画像
足柄峠からの富士山

下りではDEOREのVブレーキに不安を感じた。

握力の問題なのか、激坂だからなのか、体重オーバー(71kg)なのか、ブレーキが甘く感じた。

これまで必要性を感じなかったディスクブレーキ、急に欲しくなった。

あと熊鈴を携帯してる人が多いのに気づいた。

万が一に備えて、帰宅後すぐにAmazonで調達した。

帰り道でパンク

帰り道、「ペダル重すぎ!」と思ってリアタイヤを見たら、ほぼペチャンコ。

はあ?と携帯ポンプで補充したら、それなりに膨らんだ。

空気抜けたのか?と再スタートした10分後、パンク確認。

IRCメトロタイヤには異常なし。リム打ちしたかな、35cなのに。

もっとパンクに強いタイヤにすべきだったか。

クロモリツーリング車で足柄峠 まとめ

自分で組み上げたクロモリツーリング車で、足柄峠に出かけました。

平坦路では理想的な快走車だったけど、足柄峠ではギア比とブレーキの見直しが必要と感じました。

後日、改めてレポートさせていただきます。

走行データ

  • 走行距離:114km
  • 走行時間:6時間42分
  • 平均速度:17.0km/h
  • 消費カロリー:2491kcal
  • 平均心拍:122bpm

2020年10月26日ヒルクライム

Posted by 無限ゼロ