iPadがガーミンを認識しないので心拍センサーを購入

2019年2月22日

心拍センサーが接続されたZwiftの画面

iPadmini3がガーミンウォッチを認識してくれず、心拍データが送れない。

「Bluetooth」方式の心拍センサーを購入して解決。接続方法から運用状況までご報告します。

「Ant+」あきらめ「Bluetooth」へ

調べたところ、ガーミンvivoactive3の心拍数をZwiftで表示させるためには、

 WAHOO KEYのANT+トングル
 iPadに差し込むためのライトニングアダプタ(数百円)

を別途買う必要がある。

両者あわせると1万円近く(◎_◎;)

しかもライトニングの差し込み口がANT+トングル(アダプタ)で塞がってしまう。

充電しながらZwift出来ない・・・

そこでBluetooth方式の心拍センサー「HR-12」を購入した。

Zwiftにおすすめな心拍センサーHR-12

キャットアイの心拍センサーHR-12は、胸に巻きつけるベルトタイプ。

「ANT+トングル」より断然安いし、アダプター不要なので充電しながらZwift出来る

キャットアイ(CAT EYE) 心拍センサー HR-12 サイクルコンピュータ用
HR-12に同封されていたもの

箱の中身はセンサー(ボタン電池は付属)、ベルト、ペラペラの説明書2枚だけ。

肌に密着させる部分(左右2か所)を水で濡らし、パチンとセンサーを取り付けて体に巻き付ければ準備完了。スイッチなどはない。

Zwiftを起動したら自動で認識してくれた(TOP画像)。

終了させるには、センサーをベルトから取り外せばいい。勝手に接続が切れる。

説明書がペラペラな理由が分かった。

Zwiftでの使用レビュー

左上に出力W数、ケイデンス、心拍数が表示された。

Zwiftのライド画面に心拍数が表示されている画像
心拍数がリアルタイム表示された

途中で途切れたりせず、Zwiftも安定動作。心拍を表示させる目的は十分に達成できた。

ワークアウトでも問題なく使えた。

ZwiftでSSTトレーニング中の画面
ワークアウト中の画面

ワークアウト中は中央上部に心拍数が表示された。

Zwiftのタイムライングラフ
Zwiftのデータ画面

ライドレポートにも心拍グラフが表示された。買ってよかった。

装着ベルトについて

胸囲120cmまでは対応できそう

ベルトは調整幅が広く、筆者の胸囲100cmに合わせても余裕たっぷり。120cmまでは対応できそう。

漂白剤と乾燥機は使えません

ベルトのタグをみると「40℃までの湯温で洗濯機での通常洗濯OK」、「漂白剤、乾燥機はNG」とある。

購入当初は大事に手洗いしていたけど、最近は洗濯ネットに入れて洗濯機に放り込んでる 。

(。・ω・)σ ⌒*

一度、乾燥前に取り出し忘れちゃったら壊れた・・・乾燥機は厳禁。

あと1日のうち何回か練習するなら、予備ベルトも欲しい。

CATEYE心拍センサーHR-12の予備ベルト
単品販売されている専用の予備ベルト

2回目の練習時にヒヤッとしてテンション下がるから。数百円なので買うべし。

ベルトの耐久性について

2月から使い始めて半年、8月に動作がおかしくなった。

 異様に低い心拍表示
 心拍数が10程度飛ぶ、連続性がない
 一定時間、全く変わらない。フリーズしてる?

電池は交換したばかりだったので、本体が壊れたかと思った。

予備の心拍ベルトと交換したら、無事復活!

HR-12の電池寿命は50時間(1500km)ほど

Zwiftの走行記録
電池切れした心拍センサーのデータ

1500㎞くらい走行した時点で心拍数がゼロになったり戻ったりと、おかしな表示になった。

電池は一般的な「CR2032」型のボタン電池。固めの裏フタを開けて入れ替えたら復活した。

その後の電池交換状況

日付交換状況
2019.5.14 1500km(50時間ほど)で電池切れ
2019.7.91450km走行
2019.8.12接続不安定になって交換
2019年8月から2020年2月現在まで交換なし、最長記録を更新中!

Zwift用心拍センサーを購入 まとめ

iPad(iPhone)でZwiftしてて心拍センサーが欲しいなら「HR-12」がおすすめ。

もがいてもずれ落ちないし、しっかり計測してくれる。

ちゃんと計測したいなら、やっぱり胸ベルトの心拍センサーがいい。

日本メーカーでサポートも安心。