Zwift(iPhone)がガーミンを認識しないので心拍センサー購入

心拍センサーが接続されたZwiftの画面

ガーミンVIVOACTIVE3の心拍データを使ってZWIFTしたいが、認識してくれない。

調べてみたら通信方式が違うらしい。

そこでiPhoneが認識できるBluetoothSmart方式の心拍センサーを購入したら、快適ZWIFTが実現した。

ガーミンが認識されなかった理由

ガーミンVIVOACTIVE3を認識してくれなかった理由は、ANT+方式だったこと。

BluetoothならiPhoneは認識してくれる。

省電力化させたBluetoothSmartでも大丈夫だった。

BluetoothSmart方式

  • Bluetoothを省電力化させた規格。
  • 通信距離は約30m

通信距離が約30mと強力なので、途中でトイレに行っても途切れることはない。

トイレ中の計測が必要かは別にして・・・

ANT+の問題点

ANT+方式で接続するには、「ANT+」トングルとアダプタを別途購入する必要がある。

さらにライトニング差込口を塞いでしまうので、充電しながらロングライドを楽しめない。

完走に4,5時間かかるレースもあるので、これは致命的。

Watopiaのfour horsemenコースが4時間かかることを伝える画像
4時間かかったFOUR HORSEMANコース

HR-12をZwiftに接続する

購入したHR-12は、BluetoothSmart方式の心拍センサー。

キャットアイ(CAT EYE)心拍センサーHR-12の商品内容を説明した画像

箱の中身は、センサー本体(電池は付属)、ベルト、ペラペラの説明書2枚だけ。

使い方は、HPの動画によると

  1. パチンと本体を取り付ける
  2. ベルトを胸に巻きつける
  3. ベルトの電極パッド(左右2か所)を水で濡らす

だけ。

スイッチはなく、Zwiftを起動したら勝手に認識してくれる(TOP画像)。

当然だけど、ワークアウトでも使える。

ZwiftでSSTトレーニング中にも心拍数が表示されることを示す画像

終了させる時は、本体をベルトから取り外せばいい。

簡単でした。

Zwift(iPhone)用の心拍センサー購入 まとめ

キャットアイの心拍計HR-12
キャットアイのHR-12

ガーミンをZwift(iPhone)が認識してくれなかった理由は、通信方式の違いでした。

BluetoothSmart方式の心拍センサーを購入したら、難なく接続完了。

電池&ベルト交換のメンテは必要ですが、使い勝手がよくてZwiftに集中できます。

>> HR-12を1年半使ってわかった耐久性

2019年2月22日Zwift,買い物

Posted by 無限ゼロ