Zwiftの汗対策にROCKBROSスウェットカバーを購入

2020年2月23日

ROCKBROSのスウェットカバー

Zwiftをしていると真冬でも汗が滴り落ちる。これからの季節、気温も上がってさらに汗の量は増える。

そこで汗対策としてバイクに取り付けるスウェットカバーを購入。消耗品なので安いもので十分だった。

ハンドルに取り付けるスウェットカバー

購入したものはROCKBROSのスウェットカバー。シートポストにゴムを引っ掛けて、マジックテープでハンドルに固定するタイプ。

Wiggleで販売されているTacxやEliteといったブランド品によく似てる。違うのは、やたら安いこと。

使ってみたけど、しっかり汗を受け止めてくれるし、意識して内股にしなければ膝が当たることもない。

ROCKBROSのスウェットカバーを装着した画像
取り付けイメージ(右はアマゾン掲載の画像)

ハッキリ言ってこれで必要十分。

スマホが装着できるタイプもあるけど、Zwift中はタオルを乗せちゃうから意味なし。

ちなみに、スウェットカバーは手洗いのみ。

ROCKBROSのスウェットカバーのゴム紐と洗濯注意マーク
手洗いのみと表記されてる

ゴム部分のバックルを壊さないよう、サッと水洗いして陰干ししてる。

スウェットカバーの取り付け方

使い方は簡単。

1.ゴムの輪っかをサドルにかぶせて、シートピラーに引っ掛ける、
2.ハンドル側の2か所のマジックテープを止める。

アマゾンページに使い方動画もあります。

クロモリフレーム(ホリゾンタル)でも、問題なく装着出来ました。

スウェットカバーのサイズ

実測した数値は以下の通り。

測ったところ長さ
ハンドル付近の横幅23cm
後端の横幅4.8cm
カバー本体の長さ41cm
ゴム部長さ最大25cm

ゴムが伸びるので通常のサドルであれば、フレームサイズ関係なく取り付けできるかと。

ご参考 その他の汗対策

Zwiftの汗対策でやっていることをご紹介します。

実施している汗対策備考
リモコンつきサーキュレーター Zwift中に強度を調整するのでリモコン必須。
リサイクルショップで未使用品を買った。
100均のヘアバンド汗が滴り落ちるのを防ぐ。複数準備して30分/個で交換。
10個くらい常備してる。
MINOURAトレーニングマット汗や油汚れ、ローラー傷から床を保護するために必須。
ゴム類は劣化するので定期的に買い替えたい。
スウェットカバー今回追加。タオルを乗せて使ってる。

練習環境を清潔に保つために、汗対策はしっかりケアしたい。

汗対策のスウェットカバー まとめ

ROCKBROSのスウェットカバーの生地を撮影した画像
マジックテープ部は丈夫そうな生地で出来ている

スウェットカバーを購入したことで、フレームへの汗汚れ対策が出来た。

フレームがビショビショにならないので、Zwift後の洗車も楽になった。