ISM PR3.0でお尻の痛み、足のしびれとオサラバした

2019年10月24日

ismPR3.0サドル記事のタイトル画像
お尻の痛みとオサラバできた

これまで試したサドルでは、

お尻が痛む or 足がしびれる

どちらかが気になった。

そこでトライアスロン用サドルで有名なism社のサドルを試したら、痛みやしびれなく130km走れました。

商品選びからセッティング、レビューまでを記事にまとめました。

ISMのサドルとは?

ISM社は、トライアスリート向けのサドルを主に販売している。

独特な形状のサドルが印象的で、ファンも多いよう。

Zwiftでもパワー変動少ないトライアスロン的な走りをしているので、もしかして?と試したくなった。

ISMのどれにするか?

ismのサドルPR3.0の外観を説明する画像
ism PR3.0サドル

ISMサドル、いろんな種類がある。長さ、幅、クッション、形状・・・迷う。

シリーズ名用途
PN(Performance Narrow)トライアスロン、TT、トラック、ロード
PL(Performance Long) ロード、MTB
PS(Performance Short) トライアスロン、TT
PR(Performance Recreation) ロード、MTB、クロスバイク
PM(Performance Mountain) MTB

用途に合ったシリーズの中から、クッション性などを加味して商品を選ぶことになる。

クロスバイクに乗ってるので、PRシリーズで最もクッション性が高いPR3.0を選んでみました。

商品画像だと分厚くて巨大なサドルに見えたけど、実物は小ぶりサイズ。

ism PR3.0サドルとGIANTのcontact forwardサドルを並べて大きさを比較する画像
ism PR3.0とGiant Contact Forwardサドル

GIANT CONTACT FORWARDサドルに比べて圧倒的に短い。メインポジション部分の太さが全然違う。

股間で支える(GIANT)、足の付け根で支える(ism)といった感じ。

重さは実測364gだった。

ism PR3.0の重さを伝えるための画像
ism PR3.0は364g

クッション材が多めなので重い。軽さより快適さを求める人に向いてる。

ismサドルのセッティング方法

ismサドルのセッティング方法は、通常のサドルとは異なる。

公式セットアップガイド(英語)には、

1. 通常より5mm低めに、
2. 前側を水平、もしくは1~2度前下がりに、

と書かれている。

座り方も独特。サドル後部上面を指2,3本分残して前座りする。

ism PR3.0 乗り心地

横浜市内から芦ノ湖まで往復してみた。

箱根芦ノ湖まで往復130km走っても痛みがなかったことを伝える画像
芦ノ湖往復してきた

サドルの前半部分がないので、

お尻をちょこんと乗せてる

という感じ。

座ってるけど乗せてるだけなので、

往復130kmでも痛み&しびれなし!

だった。内股が擦れる感じもなく、漕ぎやすい。

おでこで風を切って進むようなイメージ。

愛車はフラットハンドルだけど、ドロップハンドルの方が相性がよさそうなサドル。
(※その後、ドロップハンドルに変えました)

ISMというサドル まとめ

Zwiftをして90分を超えるとお尻に痛みが出てたので、ism PR3.0を購入した。

サイクルパンツ&シャモアクリームとの併用でお尻の痛み、足のしびれは解消できた。

箱根往復130km(7時間走)でもトラブルなく走れました。

サドルの相性は個人差が大きいので、ご参考程度にお願いします