箱根往復130kmでもしびれ痛みなし!ISMサドル

2019年10月24日

ismサドルを取り付けた自転車の画像

お尻の痛みから解放されたと思ったら、足がしびれるように。自転車から降りると「血流が戻る感覚」があったので止血されていたらしい。

そこで前傾姿勢で走り続けるトライアスロン用のサドルを試したら、しびれや痛みなく130㎞走れた。足がしびれる方におすすめしたい。

ISMのPR3.0サドルとは?

ISMサドルは、主にトライアスリートがDHバーを使って前乗りするサドル。

ism公式サイト(英語)

アイアンマンなら180km、深い前傾姿勢で走り続けることを想定されてる。

Zwiftでもパワー変動少なく、淡々と走るので試したくなった。

ISMのどれにするか?

ISMサドル、いろんな種類がある。長さ、幅、クッション、形状・・・迷う。

骨盤の幅(13cm)とクッション性を求めてPR3.0を選んでみた。

ismのサドルPR3.0
ism PR3.0サドル

画像だと分厚くて巨大なサドルに見えたけど、実物は小ぶり。

GIANT CONTACT FORWARDサドルよりも圧倒的に短い↓↓↓

ism PR3.0サドルとGIANTのcontact forwardサドルを並べた画像
ism PR3.0とGiant Contact Forwardサドル

そしてメインポジション部分の太さが全然違う。

股間で支える(GIANT)、足の付け根で支える(ism)。コンセプトからして違う。

重さは364gだった。

ism PR3.0の重さを測っている画像
ism PR3.0は364g

クッション材が多めなので重い。軽さより快適さ。

ismサドルのセッティング方法

ismサドルのセッティング方法は、通常のサドルとは異なる。

公式セットアップガイド(英語)には、

  1. 通常より5mm低めに、
  2. 前側を水平、もしくは1~2度前下がりに、

と書かれている。

座り方も独特。サドル後部上面を指2,3本分残して前座りする。

ism PR3.0 乗り心地

横浜市内から芦ノ湖まで往復してみた。

芦ノ湖とクロスバイク
芦ノ湖往復してきた

サドルの前半部分がなく、

お尻をちょこんと乗せてる

という感じ。

おでこで風を切って進むような前傾姿勢。

愛車はフラットハンドルだけど、ドロップハンドルでないと活かしきれないかも。
(※その後、ドロップハンドルに変えました)

肝心のお尻は、

往復130kmでも痛み&しびれなし!

内股が擦れる感じもなく、漕ぎやすい。

ISMというサドル まとめ

トライアスリート向けのサドル、ism PR3.0を購入した。ロングライド@Zwiftも満喫出来てます。

※サドルは個人差が大きいので、ご参考程度にお願いします