HR-12を1年半使ってわかった耐久性

HR-12の予備ベルト

キャットアイの心拍センサー「HR-12」を使い続けて1年半。

計測が安定しない時の対処法、ベルトの耐久性、電池交換などをレビューとしてお伝えします。

電池の持ち具合について

HR-12の電池寿命は「1日1時間の使用で約5ヶ月」とHPに書いてある。約150時間。

商品に付属していた電池は50時間で寿命になった。

Zwift中の心拍数が異常表示されたときの心拍データ
心拍数がゼロになったり戻ったり

その後は下表のとおり、ひと月の時もあれば1年近く無交換だったり。

電池交換した日付走行距離など
2019.5.141500km(50時間ほど)で電池切れ
2019.7.91450km走行
2019.8.121,000km走行、接続不安定
2020.7.412,000km走行、心拍数が飛ぶ
2020.9.73000km走行、心拍がゼロになる
HR-12の電池交換日と走行距離

「CR2032」という一般的なボタン電池なので、スーパー、コンビニ、100均で入手可能。

裏ブタを開けて交換するのだが、結構固い。「コイン+ペンチ」での開け閉めを推奨。

緩いと振ったときにカタカタ電池が動く音が聞こえるので、ご確認を。

最後にリセットボタンも忘れずに。

心拍表示が安定しない原因として「ベルトの劣化」もあった。

ベルトの耐久性について

心拍センサーHR-12の予備ベルトの画像

キャットアイのHPには「消耗品」と明記されているベルト。

わたしは、半年を目安に交換してる。

ベルトが劣化すると、

  1. 異様に低い心拍表示
  2. 心拍数が10程度飛ぶ、連続性がない
  3. 一定時間、全く変わらない。フリーズする

といった症状が見られた。

電池消耗時のゼロになったり戻ったりとは違うので、見分けられる。

劣化の主な原因は、ズバリ!洗濯機!

漂白剤と乾燥機はNG

何も気にせず洗濯してたら、電極パッド部分がめくれあがったりした。

いま一度、洗濯マークを確認すると

  • 40℃までの湯温で洗濯機での通常洗濯OK
  • 漂白剤、乾燥機はNG

とある。

個人的には、手洗いをおすすめします。

扱いはヘルメットのベルトと同様、練習後にシャンプーやボディソープで手洗いする。

1日のうち何回か練習するなら、複数ベルトでの運用がおすすめ。

装着時にヒヤッとして貧乏臭さでテンション下げないように

アマゾンなら数百円で買える。

装着ベルトが改良された

2020年9月5日に注文したら、改良されたベルトが届きました。

HR-12の装着ベルトの新旧モデルの違いを説明する画像
旧モデルと新モデル

両サイドの電極パッドから中央部分まで、一体型のカバーがつきました。

これで電極パッドのめくれが減りそう。

HR-12の耐久性 まとめ

1年半、約20,000km使い続けたHR-12。

本体をつけたまま洗濯機で洗ってしまったこともあったが、壊れることなく現役で活躍中。

メーカー品は多少高くても壊れにくいので、結果的に安上がり。

最近では、レース(ポイント練習)だけ使うようにして大事に使っています。

2020年9月5日Zwift

Posted by 無限ゼロ