HR-12をZwiftで1年半使ってわかった耐久性

HR-12の予備ベルト

キャットアイの心拍センサーHR-12を使い続けて1年半が経過。

使い続けて分かったHR-12の耐久性についてお伝えします。

電池の持ち具合について

HR-12の電池寿命は、1日1時間の使用で約5ヶ月とHPに書いてある。

ざっくり150時間くらい?

実際にどうだったか。

付属の電池は、50時間くらいで寿命に。

心拍数がゼロになったり戻ったりとおかしな表示になった↓

Zwift中の心拍数が異常表示されたときの心拍データ

心拍表示がおかしい場合、ベルトの劣化が原因の場合もあるので注意が必要。

まず予備のベルトに交換して様子見し、それでも心拍表示がおかしいようなら電池交換。

交換後は、リセットボタンも忘れずに。

この時、ベルト交換で正常表示に戻れば電池はそのままでいい。

電池の寿命に話を戻すと、その後は・・・

電池交換した日付走行距離など
2019.5.141500km(50時間ほど)で電池切れ
2019.7.91450km走行
2019.8.121,000km走行、接続不安定
2020.7.412,000km走行、心拍数が飛ぶ
2020.9.73000km走行、心拍がゼロになる
HR-12の電池交換日と走行距離

1000kmで交換したり、1万km以上快調だったりとバラバラ。

ちなみに、電池は「CR2032」というボタンタイプ。

スーパー、コンビニ、100均でも買える。

コインなどで裏ブタを開けて交換。

しっかり閉めないと正確に計測してくれないのでそこだけ注意。

装着ベルトについて

装着ベルトは別売りでも買える。

心拍センサーHR-12の予備ベルトの画像

キャットアイのHPにも「消耗品」と明記されていて、定期的に交換が必要とのこと。

サイズについて:胸囲120cmまで対応

ベルト自体はゴム生地なので伸びるし、調整幅が広くとられている。

胸囲120cmあたりまでは対応できそう。

メンテについて:漂白剤と乾燥機はNG

洗濯マークを確認すると、「40℃までの湯温で洗濯機での通常洗濯OK」、「漂白剤、乾燥機はNG」とある。

だけど、手洗いをおすすめします(洗濯機で洗って何回も壊したので・・・)。

洗濯⇒そのまま乾燥、は計測不安定になります。

あと1日のうち何回か練習するなら、予備ベルトもマスト。

2回目の練習時にヒヤッとしてテンション下がるから。

耐久性について:予備ベルトは必須

だいたい半年くらいで定期交換してる。

ベルトが劣化すると、

  1. 異様に低い心拍表示
  2. 心拍数が10程度飛ぶ、連続性がない
  3. 一定時間、全く変わらない。フリーズしてる?

などの症状が現れる。

電池交換したばかりなのに計測が安定しない場合は、ベルトを交換。

アマゾンで買えます。

装着ベルトが新モデルに

2020年9月5日に注文したら、新しいモデルに変わってました。

HR-12の装着ベルトの新旧モデルの違いを説明する画像
旧モデルと新モデル

両サイドの電極パッドから中央部分まで、一体型のカバーがつきました。

旧モデルでは、電極パッドが劣化で剥がれたりしてたので、この改良(補強)による耐久性アップに期待!

心拍計測が安定しない場合

上でも書きましたが、ベルトの劣化、電池の消耗で計測が不安定になります。

下の画像のように心拍数(赤線)が何回もゼロ表示されてしまう。

Zwift Franceコースのライドレポート
走行中に心拍数(赤線)がゼロ表示に

ベルトと電池を交換、リセットボタンで安定計測になります。

HR-12の耐久性 まとめ

1年半、約20,000km使い続けたHR-12。

洗濯機だとベルトの劣化が早いで、手洗いをおすすめします。

まだまだ使い続けられそうです。

2020年9月5日Zwift

Posted by 無限ゼロ