ガーミンで記録できる運動データ、ストレス、睡眠

2018年4月1日

Garmin vivoactive3の外箱
続けるために投資した

腕に巻いておくだけで、日々の活動データを自動記録してくれるガーミンvivoactive3。

どのデータがどのように記録できるのか、ご紹介します。

ガーミンで記録できるもの

ガーミンvivoactive3さえあれば、たいていの情報は記録できる。

走行ルート、時間、距離、速度、獲得標高

ガーミンvivoactive3はGPS内蔵なので、走行ルートも自動で記録。

スマホと連動させれば、ガーミンアプリ内でどこを走ったのかがわかる。

Garmin vivoactive3で記録したヤビツ峠の走行データ
走行ルートなど記録できる

ルートだけでなく、距離、時間、ラップ、速度、平均速度、獲得標高、心拍数も確認できる。

ガーミンで記録したサイクリングの5kmラップデータ
サイクリングの5kmラップデータ

高度、速度、心拍数はグラフ表示も。

サイクリング中の高度、速度、心拍数データ
サイクリングの高度、速度、心拍も自動記録

心拍数はリアルタイムで確認できる。

ガーミンの心拍センサー
裏に心拍センサーがある

運動強度が強すぎるとケガをしやすいので、脂肪を燃料とする有酸素運動の範囲内で安全に続けたい。

▶️▶️ ご参考:有酸素性運動(厚生労働省)

運動後は、どの強度で運動できたのか確認可能。

サイクリング中の心拍ゾーン
運動後に確認できる統計データ

消費カロリーも自動計算

消費カロリーは、初期設定で性別、体重、生年月日を予め登録しておけば表示される。痩せたら体重を再入力すればいい。

コツコツ続ければ、1年後には大量のカロリーを消費したことに驚くΣ(・□・;)

1年間の消費カロリーを表示した画像
コツコツカロリー消費して1年で31万キロカロリー

筆者は1年で31万キロカロリー消費した。

VO2Max(最大酸素摂取量)

ガーミンで最大酸素摂取量を計測したデータ
最大酸素摂取量も計測できる

心肺機能の目安となる最大酸素摂取量も計測できる。

ストレス

ガーミン「VIVOACTIVE3」ではストレスチェックも簡単。腕に巻いておくだけで、ストレスを24時間計測してくれる。

ストレスの多い日、少ない日の比較画像
ストレスの多い日と少ない日

ストレスの多い少ないが、目で見てハッキリ分かる。

疲労度が蓄積している場合は、運動をお休みするという判断も客観的に行える。

ガーミンでストレスと心拍数を計測している画像
ストレス計測と心拍数計測

また、ストレスが高い場合には瞑想モードにて、深呼吸のタイミングを教えてくれる。

睡眠時間、眠りの深さ

ガーミンで睡眠の時間、深さを計測したデータ
睡眠の時間、深さも計測可

何時に眠って起きたのか、ぐっすり眠れたのか浅かったのか。そんなことも計測できる。

運動を記録する手順

走行データーを記録するには、GPSを起動する。起動から保存までたったの4ステップ。

  1. サイクリングモードにする:GPSの補足(10秒ほどかかる)が完了するとブルブルっと振動で教えてくれる
  2. スタートボタンを押す:サイクリング開始時に押す
  3. ストップボタンを押す:サイクリング終了したら押す
  4. 保存する:画面に表示される「done」ボタン、「save」ボタンにタッチ

ボタンも1つしかないので、操作に迷うことがない。

ガーミンで記録できるデータ まとめ

ガーミンで記録できる運動データをご紹介しました。

頑張りが見えし、ストレスも睡眠状態も客観的に把握できる。運動、生活のお供に最適です。

新型が発売されてる↓↓↓
▶️▶️ vivoactive4の価格をAmazonでチェック