ガーミンで最大酸素摂取量、消費カロリー、ストレス、睡眠を記録する

Garmin vivoactive3の画像
自分の身体データ、運動データーを記録できるガーミン

ガーミンvivoactiveシリーズは、腕に巻いておくだけで日々の活動データを記録してくれる。

最大酸素摂取量、消費カロリー、移動距離など、どのように参照できるのかご紹介します。

ガーミンで記録できるデータ種類

走行ルート、時間、距離、速度、獲得標高

運動前にGPSを捕捉させておけば、走行ルートや距離、時間、平均速度など自動で記録してくれる。スマホと連動させればガーミンアプリ上でどこを走ったのか確認できる。

Garmin vivoactive3で記録したヤビツ峠の走行データ
走行ルートなど記録できる

さらに距離、時間、ラップ、速度、平均速度、獲得標高、心拍数も記録してくれる。

ガーミンで記録したサイクリングの5kmラップデータ
サイクリングの5kmラップデータ

高度、速度、心拍数はグラフでも確認できる。

サイクリング中の高度、速度、心拍数データ
高度、速度、心拍はグラフ表示

運動中にリアルタイムで確認することも可能なので、初心者のうちは怪我や故障につながらない範囲でトレーニングしたい。

ガーミンの心拍センサー
裏に心拍センサーがある

運動後には心拍統計データがわかるので、目的に合った強度でトレーニングできたか検証できる。

サイクリング中の心拍ゾーン
運動後に確認できる統計データ

消費カロリーも自動計算

初期設定で性別、体重、生年月日を登録しておくことで消費カロリーも自動計算してくれる。運動して痩せたら、体重の変更をすればいい。

一回の運動で消費できるカロリーは少ないけど、積み重ねれば1年で数十万キロカロリーになる(・□・;)。

1年間の消費カロリーを表示した画像
コツコツカロリー消費して1年で31万キロカロリー

VO2Max(最大酸素摂取量)

心肺機能の目安となる最大酸素摂取量も計測できる。

ガーミンで最大酸素摂取量を計測したデータ
ランで計測した最大酸素摂取量

あまり変化はないけど、1つでも上がれば嬉しい。

ストレス

ストレスチェックも可視化してくれるのはありがたい。練習をしようか休むか、判断材料として使ってる。

ストレスの多い日、少ない日の比較画像
ストレスの多い日と少ない日

運動した日はストレスが高め。回復のために身体に負担をかけているのがよく分かる。

ガーミンでストレスと心拍数を計測している画像
ストレス計測と心拍数計測

ストレスが高い場合は「瞑想モード」で、ガーミンの指示に従って深呼吸して下げられる。

睡眠時間、眠りの深さ

ガーミンで睡眠の時間、深さを計測したデータ
睡眠の時間、深さも計測可

深い眠り、浅い眠り、REM睡眠の時間が一目瞭然。

自分の場合は、深い眠りとREM睡眠が1時間ちょいずつで、浅い眠りがその3倍ある感じ。

睡眠中のストレスと安静時心拍数(40~46bpm)で、その日のコンディションを判断してる。

まとめ

ガーミンvivoactiveシリーズで記録できるデータをご紹介しました。

運動の記録が自動で行えて後から分析も出来る。
ストレスや睡眠状態を確認して身体の疲労も視覚的に理解できる。

故障する前に買っておきたい。

2018年4月1日VIVOACTIVE3

Posted by 無限ゼロ