ハンドルが細くて手がしびれるのでエルゴンGS3グリップに交換

2019年2月6日

標準グリップにシマノのバーエンドを装着したハンドル
GS3を装着する前のハンドル

クロスバイクのハンドルバーが細すぎて手がしびれてしまうなら、グリップの交換をおすすめします。

簡単な作業なので誰にでも出来ます。

持ち手が太いグリップだとしびれない

持ち手が細いグリップだと手のひらにかかる圧力が直線的になり、太いと力が分散されて痛みは減る。

また、鉛筆をしっかり握ろうとすると指の力を使って疲れるけど、サランラップの芯だと指と手のひら全体を使って握るので楽に感じる。

手の大きさにもよるけど、ハンドルはある程度太い方が圧力が分散されるし、手のひら全体を使って握れる。

ハンドルを太いものに交換するよりも、グリップだけを交換するほうがお手軽で安く済む。

エルゴンGS3を購入した

エルゴンGS3ハンドルグリップ
ハンドルグリップをERGON GS3に交換した

筆者はエルゴン社のGS3というグリップに交換した。

エルゴノミクス(人間工学)に基づいて設計されたデザインで、手のひらが当たるところが広がっている。

これなら、圧力が分散されて痛くなることはなさそうだと考えた。

似たような安価な模造品がたくさん作られているのは、いい製品である証拠でしょう。

例えるならApple純正品。

両端の角は、角度が変えられる親切設計。

さらにメモリが付いているので、左右で角度が違う!・・・なんてことにはならない。

エルゴンGS3ホワイト
エルゴンGS3ホワイト、角の裏にメモリがついている

注文した「S」サイズは、エンドキャップまで実測14.5cm。標準グリップより長い。

エルゴンGS3のグリップの長さを標準グリップと比べて説明するための画像
Sサイズでも標準より長い

太さは、円柱ゴムカバーに比べて約2倍もある。

GS3の装着手順

エルゴンGS3グリップの装着方法と装着後のイメージを伝えるための画像
エルゴンGS3の装着手順

安全を確保するために、公式HPの日本語マニュアルに従った。
(※ 商品には日本語マニュアルは同封されていません)

装着手順
  1. シフトレバー、ブレーキレバーを移動させる
  2. ハンドルを掃除する
  3. エルゴンを奥までしっかり差し込む
  4. 角度調整、ネジ締め
  5. キャップを取り付ける
  6. シフトレバー、ブレーキレバーを戻す

標準グリップよりも長いので、ブレーキ&変速レバーを1cmほど中央に寄せました。

ハンドルをカットされている方は、ゴチャゴチャするかもしれないので要注意。

なお、角の調整範囲は限定されています。安全確保のために必ずマニュアルをチェックしてください。

GS3を装着した印象

言葉で説明するなら、

細い鉄棒を握る → 板に乗せてる

くらいの変化。

親指の付け根を除く手のひら全体を乗せてる感じ。

握っている安心感が全然違うので、上半身がリラックスする。

肩に力が入らないので、疲れにくくなった。

エルゴンGS3を装着 まとめ

フラットハンドルが細くて手がしびれるなら、グリップの交換をおすすめします。

お手軽に交換できるし、手のひら全体で上半身を支えられるので安心感も違う。

痛みを我慢しながらサイクリングなんて残念すぎる。

万人に合わせて作られた自転車、自分に合うようカスタマイズしてサイクリングを満喫しましょう。