ハンドルが細くて手がしびれるのでエルゴンGS3を装着した

2019年2月6日

エルゴンGS3ハンドルグリップ
ハンドルグリップをERGON GS3に交換した

クロスバイクのハンドル細すぎ!長い時間乗ると手がしびれてしまう。

サイクルグローブしてごまかしてたけど限界・・・

検索して見つけたのは、エルゴンGS3

フラットハンドルが細くて手がしびれる

標準グリップにシマノのバーエンドを装着したハンドル
GS3を装着する前のハンドル

今まで、サイクルグローブ&バーエンドグリップ装着というしびれ対策をしてきた。

しかし、100km走ると手の感覚がなくなるほどのしびれ。

走りながら危険を感じてた。

ドロップハンドルに変えるのがベストだろう。しかし、費用がかさむ。

そこで太いグリップを探しまくった結果、エルゴンにたどりついた。

エルゴンGS3を購入した

アマゾンで調べてたら、エルゴン社の評判がいい。

安価な類似品がたくさん出品されているから、間違いなさそう。

角度調整も出来るし、白いフレームに合うグリップもあった。

しかしアマゾンレビューがドイツ語だけ・・・

安くない買い物なのでドキドキしながら到着を待った。

エルゴンGS3を装着した

エルゴンGS3ホワイト
エルゴンGS3ホワイト、角の裏にメモリがついている

角の裏にメモリが付いているので、左右で角度が違う!・・・なんてことにはならない。

注文した「S」サイズは、エンドキャップまで実測14.5cm。標準グリップより長い。

エルゴンGS3のグリップの長さを標準グリップと比べて説明するための画像
Sサイズでも標準より長い

太さは、円柱ゴムカバーに比べて約2倍になった。

装着する手順

エルゴンGS3グリップの装着方法と装着後のイメージを伝えるための画像
エルゴンGS3の装着手順

安全を確保するために、HPの日本語マニュアルに従った。
(※ 商品には日本語マニュアルは同封されていません)

ざっくりと手順を書くと、

エルゴンGS3の装着手順

1.シフトレバー、ブレーキレバーを移動させる
2.ハンドルを掃除する
3.エルゴンを奥までしっかり差し込む
4.角度調整、ネジ締め
5.キャップを取り付ける
6.シフトレバー、ブレーキレバーを戻す

長いので、ブレーキ&変速レバーを1cmほどステム側に移動させた。

ハンドルをカットされている方は、ゴチャゴチャするかも。

なお、角の調整範囲は限定されています。安全確保のために必ずマニュアルのチェックは必須。

腕も上半身も楽になった

言葉で説明するなら、

細い鉄棒を握る → 手のひらを乗せてる

くらいの変化。

手首から小指球(小指下の盛り上がり部分)までを乗せてる感じ。

上半身がリラックスして、無駄な力を使わずに済む。疲れにくくなった。

エルゴンGS3を装着 まとめ

フラットハンドルが細くて手がしびれるなら、まずはサイクルグローブ。それでもダメならグリップの交換を検討したい。

痛みを我慢しながらでは、せっかくのサイクリングを楽しめない。

エルゴンGS3は高いけど上半身が楽になる。Zwiftで好きなだけ練習できるのが何よりうれしい。