インナーギアを34tから36tに交換

前回はクランク長を170mmから165mmに変えました。今回は、インナーギアを34tから36tに交換です。

インナー交換:34t → 36t

zPowerでZwiftしていると、平地だろうが登りだろうがペダルの重さは変わらない。
(※現在はパワーメーターを使用しています)

常に3%くらいの坂を登っている感じ。

変わるのはZwiftアバターの速度だけ。

登りでは遅くなり、下りでは勝手に速度が上がっていく。

負荷固定なので、快適に漕げる歯数は限られる↓(カッコ内はギア比)。

  • ウォーミングアップ:34-15(2.27)
  • 平地:50-21(2.38)
  • ヒルクライム:34-14(2.43)
  • ラストスパート:50-19(2.63)

ヒルクライムが始まると、フロントとリアを同時に変速しなくてはならない。

この手間を減らすために、インナーを34Tから36Tに交換した。

ギア比50T36T34T
143.572.57(230w~)2.43(220w~)
153.33(700w~)2.4(~260w)2.27(~220w)
172.94(~700w)2.122.00
192.63(250w~)1.891.79
212.38(~260w)1.711.62
13-26のスプロケットギア比

交換によって、

  1. 巡行~ヒルクライム(36-15:ギア比2.4)
  2. ヒルクライム~スパート(36-14:ギア比2.57)

とリア変速だけで行けるようにした。

ゴール前だけアウターにすればいい。

購入した36tインナーギア

TIOGA 36Tとギア比

購入したのは、タイオガのインナーギア(PCD110、7~9速用)

FC-RS200に適合。

インナーギアの交換には、ペグスパナが必要になります。

取り付け後は、そのままではうまく変速せず。

インナーギアが若干フレーム側に寄ったようで、変速調整(ねじを回すだけ)が必要でした。

アウターとの間隔が広がった結果、インナートップ(使いませんが)でもチェーンのカラカラ音がなくなったのはよかった。

36Tの感想

レースを3本走ってみたところ、ギアチェンジは楽になった。

スタートからインナーで走り続け、最後だけアウターでスプリント!が実現した。

現状の脚力は、カテゴリC(平地)、カテゴリD(ヒルクライム)なのでこれで十分。

でも、アウターの方が微妙に回しやすい気がするのはなぜ?・・・

ご参考:ギア比一覧

主なギア比を表にまとめました。

自転車のギア比一覧表
クリックで拡大します

まとめ

Zwiftで変速の手間を減らすため、フロントインナーを36Tに交換した。

専用工具のペグスパナを使うことで、作業もスムーズに完了。

Zwiftがさらに快適になりました。

2020年6月15日Zwift,買い物

Posted by 無限ゼロ