欧州プロのデータを参考にして165mmクランクに交換したら心拍数が低下した

2020年5月23日

欧州プロライダーの身長とクランク長の相関図

欧州プロの身長とクランク長のデータを参考に、165mmのショートクランクに交換。

結果、巡行時の心拍数低下、走行後の太ももの張り解消という変化がありました。

適正クランク長を求めて

欧州プロレーサーのカッコいいライディングフォームを見ると、膝があまり上がってない。

足が長いので、ペダルを漕ぐという動きが小さく見える。

ペダリング効率も良さそう。

クランク長はいくつなのか?

調べてみた↓

  • クリス・フルーム:175mm(身長:186cm)
  • エガン・ベルナル:170mm(身長:175cm)
  • ピーター・サガン:172.5mm(身長:184cm)
  • エドワード・トゥーンス:175mm(身長:183cm)
  • ジュリアン・アラフィリップ:170mm(身長:173cm)
  • ステファノ・オルダニ:172.5mm(身長:178cm)
  • フレフ・ファン・アヴェルマート:172.5mm(身長:181cm)
  • レミー・マーツ:172.5mm(身長:175cm)

参考サイト↓バイクポジションが詳細に書かれている。

グラフにプロットすると、以下のようになった。

欧州プロライダーの身長とクランク長の相関図

トレンドラインをエクセルに引いてもらったら、170cmだと170mm未満の位置にある。

欧米人は脚が長いことを考慮に入れると、トレンドラインはさらに下がって165mmに近づきそう。

ペダリング効率のいい、カッコいいフォームで漕ぐために、165mmのクランクに交換した。

165mmのクランクに交換した結果

Zwiftで500km走ったみたところ、大きな変化が二つありました。

  1. 巡行時の心拍数が低下したこと、
  2. Zwift後の太ももの張りが減ったこと

です。

巡行時の心拍数が下がった

210wで巡行した際の心拍数が約10bpm下がった。

具体的には150bpm台後半から140bpm台に。

ショートクランクでの巡行心拍数が140bpm台であることを伝える画像
210wで140bpm台になった

この10bpm分をケイデンス上昇に使えば、巡航速度を上げられる。

太ももの張りが減った

Zwift後の太ももの張り、これが明らかに減りました。

以前は、Zwift翌日も筋肉が収縮し続けているかのような感覚が残ってたので、ストレッチが欠かせなかった。

165mmに変えてからは、それがない。

取り組んでいる減塩食の可能性もあるかもだけど。

とにかく脚が楽になったので、いっぱい練習できる。

心肺と脚が楽になった理由

心肺と脚が楽になった理由として考えられることは、

  1. 下死点が5mm上がった(サドルも上がった)
  2. 上死点が5mm下がった

ことで、上半身の窮屈感(お腹の肉の邪魔感w)が減って漕ぐのが楽になった。

170cmの70kgだと下腹部の肉が邪魔なのです。

上半身を押し上げないので前傾姿勢が取りやすく、フォームも安定した。

また脚の円運動が上下左右で10mm小さくなったことで、運動量が減ってるはず。

物理は苦手なので「どれくらい運動量が下がったのか?」という計算はできません。

ケイデンス80で2時間漕いだら、9600回転。

巡行時の心拍数が10bpm下がるくらいなので、その差は小さくないはず。

軽量化にはならない

軽量化にもなるかも?

170mmと165mmのクランク
左:170mm、右:165mm

そんな期待もあったけど、ほぼ変わらず。

ショートクランクに交換 まとめ

欧州プロのカッコいい、効率のいいフォームに憧れて、165mmのクランクに交換した。

210w巡行時の心拍数が150台から140台になった。

さらに漕いだ後の太ももの張りもなくなった。

疲労が残らないので、たくさん漕いで体を絞りたい。

交換したクランクは、スクエアテーパーのFC-RS200 165mmです。クロスバイクなので・・・

105 FC-R7000 165mmクランクセット↓

あわせて読みたい