165mmのショートクランクに交換

欧州プロの身長とクランク長のデータを参考に、165mmのショートクランクに交換した。

結果、巡行時の心拍数低下(追記:気のせいだった)、走行後の太ももの張り解消という変化がありました。

適正クランク長を求めて

欧州プロのカッコいいライディングフォームを見ると、膝があまり上がってない。

足が長いのでペダルを漕ぐという動き自体、小さく見える。

楽に漕いでいるように見える。

クランク長はいくつなのか?

調べてみた↓

  • クリス・フルーム:175mm(身長:186cm)
  • エガン・ベルナル:170mm(身長:175cm)
  • ピーター・サガン:172.5mm(身長:184cm)
  • エドワード・トゥーンス:175mm(身長:183cm)
  • ジュリアン・アラフィリップ:170mm(身長:173cm)
  • ステファノ・オルダニ:172.5mm(身長:178cm)
  • フレフ・ファン・アヴェルマート:172.5mm(身長:181cm)
  • レミー・マーツ:172.5mm(身長:175cm)

グラフにプロットすると、以下のようになった。

欧州プロライダーの身長とクランク長の相関グラフ
身長とクランク長の関係グラフ

トレンドライン(青線)をエクセルに引いてもらった。

身長170cmの筆者の場合、169mmあたりにラインがある。

欧米人は脚が長いことを考慮に入れると、167.5~165mmあたりと考えるべきか。

そこで、165mmのクランクに交換した。
(※167.5mmはFC-RS200にはなかった)

参考にしたサイト↓バイクポジションが詳細に書かれている。

165mmのクランクに交換

スクエアテーパーBBのクランク交換に必要な工具は、

  1. ペダルレンチ
  2. コッタレス抜き
  3. 8mm六角レンチ(ロングセット)
    (※クリックでAmazonページに移動します)

の3つ。

ペダルレンチは、14mmのボックスレンチがセットになっているものがおすすめ。クランクのロックボルトを外すときに必要です。

コッタレス抜きはクランクを引き抜く際に必要。六角レンチで回した方が力が入るので、長めの8mmレンチもあった方がいい。

リンクの六角レンチはロングタイプのセット品で、自転車メンテに愛用してます。

作業自体は、慣れてしまえば難しくない。

  1. ペダルを外す(ペダルレンチ)
  2. クランクキャップを外す(マイナスドライバーなど)
  3. クランクロックボルトを外す(ペダルレンチ:14mmボックスレンチ)
  4. チェーンを落とす
  5. クランクを外す(コッタレス抜き+8mm六角レンチ)

取りつけは逆の手順で。

詳細はネットで調べるより、手順書みたいな本を見ながらする方がおすすめ。

自分が使っているのはこちらの本↓

写真が豊富で見よう見まねで出来る。

165mmクランクでZwift

Zwiftで1500km走ってわかったことは、以下の2つです。

  1. 巡行時の心拍数が低下、
  2. Zwift後の太ももの張りが減った

巡行時の心拍数が低下:修正あり

210w台で巡行した際の心拍数が150bpm台から約10bpm下がった・・・

と報告してましたが、過去のレースデータ↓を見返してみたところ、そうでもなかった。

  • Tour of Watopia2019
    • Stage2:52分22秒(232w、148bpm)
  • Yorkshire Power Up Tour
    • Sprinter Stage:35分13秒(213w、2.8w/kg、149bpm)
    • Domestique Stage:52分01秒(221w、2.9w/kg、148bpm)
    • Rouler Stage:51分24秒(212w、2.9w/kg、149bpm)
  • YORKSHIRE WORLD CHAMPIONSHIPS
    • #1:2周 52分10秒(217w、2.9w/kg、147bpm)
    • #2:30km 56分6秒(218w、2.9w/kg、146bpm)

楽になった!と喜んでたのは、購入の正当化作用だった?

Mt.FUJIバーチャルレースの結果
6月6日に行われたバーチャルMt.FUJIにて
バーチャルMt.FUJIの結果
6月7日のバーチャルMt.FUJIにて

引き続き検証を続けます。

太ももの張りが減った

以前は、Zwift翌日も筋肉が固まっているかのような感覚が残ってた。

165mmに変えてから、疲労感が減った。

取り組んでいる減塩食の可能性もあるかもだけど、脚が楽。

軽量化にはならない

軽量化にもなるかも?

170mmと165mmのクランク
左:170mm、右:165mm

そんな期待もあったけど、ほぼ変わらず。

165mmショートクランクに交換 まとめ

欧州プロのデータを参考に、170mmから165mmのショートクランクに交換した。

走行後の疲労度が減ったような気がするものの、数値的な変化は感じ取れない。
(※2020.7.12:心拍数の低下から結論を修正しました)

軽量化も期待してましたが、数gと誤差の範囲。

結局、165mmでも長すぎなのか?単に脚力の問題なのか。

試行錯誤を重ねたいと思います。

あわせて読みたい

2020年5月23日Zwift,買い物

Posted by 無限ゼロ