レーサーパンツがずり落ちるのでSanticビブパンツを購入した

2019年8月19日

Santicのサイクリングパンツ、ビブパンツの画像

今までお手頃価格で高品質な、Santicレーサーパンツを履き続けてきた。しかし長い登りだと、後ろがずり落ちて腰が冷えてしまうこともあった。

そこで今回、初めて肩ひものついたSanticビブパンツを購入。お手頃価格はそのままに、さらに品質が良くなって着心地も良かったのでご紹介。

Santicビブパンツの印象

Santicのビブパンツ、初めて購入したけどお値段以上に感じる。

Santicのビブパンツの画像

まず生地が気持ちいい。軽いし触り心地がいいので、着ていて快適。

太もものすそ部分は特殊な生地の編み方になっていて滑らない。輪っかで締め付けられる感じではなく、面で抑えてる感じ。

お腹周りも締め付けがない。しかし、油断禁物!締め付けがない分、ポッコリとお腹が出てしまう。信号待ちの時は気をつけよう。

背中と肩ひも部分は、高級感のあるメッシュ素材でカッコいい。

色は引き締まった黒なので間近で見ても高級感がある。安いのにすごい。

パッドの形状から穴あきサドル専用か

amazonの商品ページには「イタリアから輸入高密度3Dスポンジパッド」との説明がある。

Santicのビブパンツのパッド

画像を見ていただければわかる通り、センター部分にはパッドがない。穴あきサドル専用の形状?

乗った感じ、レーサーパンツとの違いを感じる。パッドに合わせて微妙にポジションは変わるものなのか。その辺り調整してみたい。

ビブパンツのサイズ選び

普段、SanticレーサーパンツはXLを買う筆者。ビブパンツは一回り大きいXXLにした。結果、170cm、75kgだとXXLで大正解。

お腹周りも苦しくないし、肩ひもがめり込むこともない。太もも周り51cmのアラフィフライダー、太もも部分もちょうどだった。

Santicビブパンツのポケットの使い道は?

購入したSanticビブパンツには右側にポケットがついてた。

Santicビブパンツのポケット

ただし三角形のポケットでチャックなどもないので、貴重品やスマホを入れるのには適してない。塩飴などのちょっとした補給食を入れておくにはいいかも。

ビブパンツの面倒なところ

履いてからトイレに行くと出せないことに気づく。着替える前に済ませておくべし。胸に心拍ベルト巻くなら、これも先に装着しておく。肩ひもの下を通すのは面倒です。

  1. トイレ
  2. 心拍ベルト
  3. ビブパンツ着用
  4. ワセリン

という感じ。慣れれば問題なし。

レーサーパンツがずり落ちるのでSanticビブパンツを購入 まとめ

登りで踏み続けても「ずり落ちてこない」というメリットは素晴らしい。腰がむき出しになって冷えることもない。

お手頃で高級感もあるしおすすめできる。レーサーパンツの記事同様に、耐久性など随時追記していきます。