【BS1】10/24(土):チャリダー★快汗!サイクルクリニック「めざせエベレスト!坂バカたちの挑戦」

お尻が痛いのでサイクルパンツを2種類買って乗り比べた

DABADAとSanticのサイクルパンツのパッドを比べるために並べた画像

自転車に2時間乗るとお尻が痛くなる。

そこでお尻部分にパッドが入っているサイクルパンツを、2種類買って試してみた。

比較したサイクルパンツ

試したサイクルパンツは、ズボンの下に履くインナーパンツと、単体で履くレーサーパンツ↓

DABADAとSanticのサイクルパンツの外観を比べるために並べた画像
インナーパンツとレーサーパンツ

それぞれ細かく見ていきます。

生地の比較

DABADAとSanticのサイクルパンツの生地を比べるために並べた画像
インナーパンツとレーサーパンツの生地

DABADAインナーパンツは柔らかいメッシュ生地。

よく伸びるのでサッと履きやすい。パンツ感覚。

一方で、Santicは、厚めのしっかりした生地。

太もも全体をビシッと加圧されるような履き心地。

違和感がなく履けるのはDABADAのインナーパンツだ。

パッドの材質

DABADAとSanticのサイクルパンツのパッド表面を比べるために並べた画像
Santicのパッド表面は起毛処理がされている

DABADAのパッドは、リュックの背中部分でよく見かけるようなメッシュ生地。

Santicは起毛処理された表面で、所どころムレ防止のための穴がある。

一見すると、メッシュ生地の方が通気性も良くて快適そう。

だけど、長時間乗って汗でふやけた皮膚には、Santicの起毛処理されたパッドの方が肌への「当たり」が優しく、股擦れを起こしにくい。

パッドの形状の違い

DABADAとSanticのサイクルパンツのパッドを比べるために並べた画像
レーサーパンツのパッドにはムレ防止の穴があけられている

DABADAのパッドはサドル形。サドルとの接点全体を均一にカバー。

Santicは、座骨が当たる部分は厚く、漕ぎやすさに直結する前側は薄くなってる。

ココまでをまとめると、

DABADAインナーパンツSanticレーサーパンツ
タイプ下着(ウエアの下に着用)単独着用
履き心地生地がよく伸びて履きやすい太ももが加圧される感じ
パッド表面メッシュ素材起毛処理された生地
パッド形状サドル型座骨部分厚く、前が薄い

お尻は痛くならない?

実際にサイクリングに出かけて、お尻が痛くならないのか?検証してみました。

【DABADA】インナーパンツの乗り心地

DABADAのロゴ画像
DABADAのインナーパンツ

ジーパンの下に履いて、カジュアルに40km走りました。

走り出し、すぐにクッションを感じる。

っていうか、今までが硬すぎた。路面の状況が、そのままお尻に伝わってた。

DABADAは角が取れて伝わる。痛みは半分程度。20kmまでなら何の問題もなさそう。

【Santic】レーサーパンツの乗り心地

レーサーパンツはさらに快適。

パッドが邪魔にならず、漕ぎやすい。

サドルやお尻と相性がいいのか、最後まで痛みを気にせず楽しめた。

20kmからはレーサーパンツの方がいい。

股ずれ防止クリームも使う

モーガンブルーシャモアクリーム
ロングライドなら必須

どんなサイクルパンツでも汗だくの、ふやけた皮膚のまま漕ぎ続ければ、いずれは股擦れを起こす。

3時間以上、100km以上乗ると分かっているなら、専用のクリームで皮膚を保護したほうがいい。

知らなかったけど、レーサーの間では常識らしいです。

バーチャルブルべ200kmでも痛みなし

Zwiftブルべのイベント告知画像
Zwiftのバーチャルブルべ

Santicのレーサーパンツとシャモアクリームという【痛みのW対策】をして、バーチャルサイクリングZwiftの200kmレースに参加しました。

断トツのビリでしたが、最後まで痛みなく8時間で完走出来ました。

Santic×シャモアクリーム、おすすめです。

リピート注文しています

2018.5.23:イエロー注文。サイズL

2着目を注文した。

Santicサイクルパンツのデザインを説明するための画像
デザインもおしゃれなSantic

グレーのときには気付かなかったけど、「Santic」の「i」がカラーだった。

フチの裏側にはロゴが縫い込んであって高級感あり。ニヤニヤ。

ひと夏で「ほつれ」た(2018.10:追記)

表面がほつれ、汗ジミのようなものが落ちなくなった。

走行距離は約4000km。

Santicのレーサーパンツを繰り返し洗濯するとどうなるかを説明する画像
繰り返しの洗濯でほつれが出てきた

なのでグレーを注文(XL)した。

締め付けが緩くなって動きやすくなった(170cm、74kg)。

2019.1.31:グレー注文、サイズXL

固定ローラーに1日2回乗るようになって追加購入。

DABADAは滑り止めがないのでZwiftするとめくれ上がる。ZwiftもSanticおすすめ。

2019.8.12:ビブパンツ注文、サイズXXL

ヒルクライムでずり落ちて来るのが気になって、肩ひものついたビブパンツを購入。

外乗り用に愛用中。

2020.3.15:グレー2注文、サイズXL

2020年からはバージョンアップされたタイプを購入しています。

ほぼZwift専用。

サイクルパンツ乗り比べ まとめ

お尻が痛いのでインナーパンツとサイクルパンツを買って乗り比べた。

結論:サイクリングを思う存分楽しむなら【Santic】のレーサーパンツが快適!

その後もずっとSantic使っています。

シルエットが気になるなら、ズボンの下に履いて出かけましょう。

2018年3月30日サドル,買い物

Posted by 無限ゼロ