お尻が痛いのでサイクルパンツを2種類買って乗り比べた

2018年3月30日

DABADAとSanticのサイクルパンツのパッドを比べるために並べた画像

自転車に乗り始めて、ひと月経過。2時間くらい乗っているとお尻が痛くなる。

お尻部分にパッドが入っているサイクルパンツを2種類買って、試してみた。

比較したサイクルパンツ

実際に購入して試したサイクルパンツがこちら。

DABADAとSanticのサイクルパンツの外観を比べるために並べた画像
インナーパンツとレーサーパンツ

Gパンなどの下に履く「DABADAインナーパンツ」と、単体で履いていく「Santicレーサーパンツ」。

生地の比較

DABADAとSanticのサイクルパンツの生地を比べるために並べた画像
インナーパンツとレーサーパンツの生地

DABADAインナーパンツは、柔らかいメッシュ生地。よく伸びるのでサッと履きやすい。

Santicは、密度の高いしっかりした生地であまり伸びない。DABADAに比べたら履きにくく感じる。太もも全体をビシッと加圧されるような履き心地。

違和感がないのはDABADAのインナーパンツだ。

パッドの材質

DABADAとSanticのサイクルパンツのパッド表面を比べるために並べた画像
Santicのパッド表面は起毛処理がされている

DABADAは衝撃を吸収するパッド部分もメッシュ生地。

一方のSanticは起毛処理されている。長時間、圧力のかかった状態で密着しつづけるので、Santicの方が肌に優しいか。

ココまでをまとめると、

DABADAインナーパンツSanticレーサーパンツ
タイプ下着(ウエアの下に着用)単独着用
履き心地生地がよく伸びて履きやすい太ももが加圧される感じ
パッド表面メッシュ素材起毛処理された生地

お尻は痛くならない?

実際にサイクリングに出かけて、お尻が痛くならないのか?検証してみました。

【DABADA】インナーパンツの乗り心地

DABADAのロゴ画像
DABADAのインナーパンツ

ジーパンの下に履いて、カジュアルに40km走りました。

走り出し、すぐに柔らかさを感じる。

っていうか、今までが硬すぎた。路面の状況が、そのままお尻に伝わってた。

DABADAは角が取れて伝わる。痛みは半分程度。20kmまでなら何の問題もなさそう。

【Santic】レーサーパンツの乗り心地

レーサーパンツはさらに快適。

ジーパンより漕ぎやすい、というのもある。

サドルやお尻と相性がいいのか、最後まで痛みを気にせず楽しめた。

20kmからはレーサーパンツの方がいい。

クッションの形状の違い

DABADAとSanticのサイクルパンツのパッドを比べるために並べた画像
レーサーパンツのパッドにはムレ防止の穴があけられている

DABADAのパッドはサドル形。サドルとの接点全体を均一にカバー。

Santicは、座骨が当たる部分は厚く、漕ぎやすさに直結する前側は薄くなってる。ムレ防止の穴も無数にある。

ココまでをまとめると、

DABADAインナーパンツSanticレーサーパンツ
パッドサドル形後ろ厚め、ムレ防止穴あり
乗り心地スポーツカースポーティーカー
痛み半減(~20kmまで)なし(20km~)

股ずれ防止クリームも使う

どんなサイクルパンツでも汗だくのまま漕ぎ続ければ、ふやけた皮膚で股ズレを起こす。

長距離乗ると分かっているなら、専用のシャモアクリームで皮膚を保護すべし。

リピート注文しています

2018.5.23:イエロー注文。サイズL

2着目を注文した。

Santicサイクルパンツのデザインを説明するための画像
デザインもおしゃれなSantic

グレーのときには気付かなかったけど、「Santic」の「i」がカラーだった。

フチの裏側にはロゴが縫い込んであって高級感あり。ニヤニヤ。

ひと夏で「ほつれ」た(2018.10:追記)

表面がほつれ、汗ジミのようなものが落ちなくなった。

走行距離は約4000km。

Santicのレーサーパンツを繰り返し洗濯するとどうなるかを説明する画像
繰り返しの洗濯でほつれが出てきた

なのでグレーを注文(XL)した。

締め付けが緩くなって動きやすくなった(170cm、74kg)。

2019.1.31:グレー注文、サイズXL

固定ローラーに1日2回乗るようになって追加購入。

DABADAは滑り止めがないのでZwiftするとめくれ上がる。ZwiftもSanticおすすめ。

サイクルパンツ乗り比べ まとめ

お尻が痛いのでインナーパンツとサイクルパンツを買って乗り比べた。

結論:サイクリングを思う存分楽しむなら【Santic】のレーサーパンツが快適!