クロモリクロスバイク、BASSO「レスモ」を購入した

クロモリフレームのクロスバイク

サイクリングにさらにどっぷりとハマるために、クロモリのクロスバイク「レスモ」を購入。

これで100km超の長距離ライドにも気兼ねなく出かけられる!?

レスモに決めた理由

予算7万円という条件でクロスバイクを探していました。

候補に上がったのは、

  • GIOS:ミストラルクロモリ
  • ラレー:クロモリバイク
  • GIANT:ESCAPE RX 3

の3つ。ミストラルクロモリは近隣の店舗を回って探しましたが見当たらず。他のGIOSクロモリバイク「AMPIO」にも出会えず。

ラレーは店員さんのイチオシ。

ARAYAというメーカーはしっかりしたパーツで組むので信用性が高いらしい。しかし、値引きしてもらっても約8万円。

ESCAPE RX3は、今どきの形状のアルミフレームでメチャカッコいい。

だがフレームサイズを少し大きいの選ぶとクランクが175mmと長すぎる。膝に負担がかかりそうで心配。

どうしたものかとネット上を徘徊してたら、クロモリフレームの「BASSOレスモ」を発見。しかもセール中で予算内。

パーツは一部例外があるものの、ほぼほぼシマノで信頼性高そう。

一期一会の出会いを感じて、ポチッと注文。

数週間待ってたら、巨大なダンボール箱で届きました。

マンションの入り口までの配送だったので、自分でエレベーターに乗せて玄関まで運搬。

重さは500mlペットボトル24本分くらいなので楽勝。

BASSO「レスモ」のスペック

主なスペックは以下の通り。身長170cm、股下80cmなのでフレームサイズは51cmにした。

フレーム、フォーク素材:4130クロモリ
ハンドル・ステム・シートポスト:マイクロテック
ブレーキキャリパー:シマノクラリス
ブレーキレバー:TEKTRO
変速機・変速レバー:シマノクラリス
ホイール:シマノWH-R501
タイヤ:ビットリアザフィーロ
重量:10.3kg

Basso HPより

ブレーキレバーがシマノではないものの、ブレーキ本体や変速機はシマノでまとめられている。

重量は10.3kg。

ロードバイクと比べると重いけど、MTBの16.5kgに比べれば遥かに軽量。

サイクリングには必要十分。

BASSOレスモ画像ギャラリー

まだ届いたばかりで走ってませんが、嬉しくてパシャパシャ。何枚かご紹介します。

BASSOのクロスバイク「レスモ」
shimanoマークがあちこちにw

白と赤のフレームに黒いパーツがあしらわれている。JAPANカラーでカッコいい。

BASSOのクロスバイク「レスモ」
MTBに比べればはるかに高性能

溶接部分も十分キレイ。白いフレームは近くで見ると細かいラメが入っている。細身のフォークが美しい。

バッソレスモの細身なクロモリフレーム
細身のフレームが美しい

ボトルゲージ2つあるので長距離も安心。

クロスバイクを購入した まとめ

購入したBASSO「レスモ」を画像で紹介しました。あとは漕ぎまくるのみ!

あわせて読みたい

2018年9月22日買い物

Posted by 無限ゼロ