クロモリフレームのBASSO「レスモ」を購入した

2018年9月22日

クロモリフレームのクロスバイク

もっと高く、遠くへ・・・

サイクリングをより楽しむために、
クロスバイク「レスモ」を購入した。

MTBではキツかった100km超のロングライド、
これで気兼ねなく出かけられる!?

BASSOレスモに決めた理由

予算7万という条件で候補に挙がったのは、

    GIOS:ミストラルクロモリ
  • ラレー:クロモリバイク
  • GIANT:ESCAPE RX 3

の3つ。

第一候補のミストラルクロモリ、
近隣店舗を回っても見当たらず・・・

クロモリつながりで
「AMPIO」を探すも見当たらず・・・

第二候補のラレーは店員さんのイチオシ。
日本のARAYA製でいいパーツを使っていて信頼性が高い、と。

しかし、値引きしてもらっても約8万・・・

第三候補のESCAPE RX3は、メチャカッコいい。

ただ、フレームサイズを合わせると
クランクが175mmと長すぎる。

膝に負担がかかりそうで心配・・・

どうしたものかとネットを徘徊してたら、
クロモリの「BASSOレスモ」を発見。

しかもセール中!

ポチっ。

パーツはほぼシマノで信頼性高そう。
台風のせいで数週間後に到着しました。

BASSO「レスモ」のスペック

主なスペックは以下の通り。

フレーム、フォーク素材:4130クロモリ
ハンドル・ステム・シートポスト:マイクロテック
ブレーキキャリパー:シマノクラリス
ブレーキレバー:TEKTRO
変速機・変速レバー:シマノクラリス
ホイール:シマノWH-R501
タイヤ:ビットリアザフィーロ
重量:10.3kg

Basso HP(現在メンテナンス中)より

ブレーキレバーはTEKTROだけど、
ブレーキ本体や変速機はシマノ。

重量は10.3kg。

ロードバイクに比べたら重いけど、
MTBの16.5kgに比べれば遥かに軽量。

趣味のサイクリングには必要十分。

BASSOレスモ画像ギャラリー

完成した新車、嬉しくてパシャパシャ撮影。
何枚かご紹介します。

BASSOのクロスバイク「レスモ」
shimanoマークがあちこちにw

白と赤のJAPANフレームに黒いパーツ。

BASSOのクロスバイク「レスモ」
MTBに比べればはるかに高性能

ラグなし溶接もキレイ。

白いフレームは細かいラメ入り。
細身のフォークが美しい。

バッソレスモの細身なクロモリフレーム
細身のフレームが美しい

ボトルゲージ2つあるので長距離も安心。

クロスバイクを購入した まとめ

初の新車、クロモリのBASSO「レスモ」を紹介しました。

ネット注文で不安もありましたが、無事に納車。
あとは漕ぎまくるのみ!