クロスバイク購入:BASSO「レスモ」2019

クロスバイクのBASSO「レスモ」を新車で購入しました。画像とともにご紹介します。

BASSOレスモに決めた理由

BASSOのクロスバイク「レスモ」を紹介する画像
BASSOレスモ

クロスバイク購入の予算は7万。候補に挙がったのは、クロモリフレームのクロスバイクとジャイアントのRX3。

  1. ジオス:ミストラルクロモリ
  2. ラレー:クロモリのバイク
  3. ジャイアント:ESCAPE RX3

第一希望は、定番クロスバイク「ミストラル」のクロモリフレーム版。近隣店舗をあちこち探したけど売ってない。クロモリつながりで「AMPIO」を探すも見当たらず・・・人気のよう。

ラレーは店員さんのイチオシでした。日本のARAYA製でシマノパーツを使っていて信頼性が高いと。しかし、値引きしてもらっても約8万で予算オーバー。

最終候補のESCAPE RX3は、メチャカッコいい。ただ外人さん仕様でクランクが175mmと長すぎる。膝に負担がかかりそうで心配になって断念。

どうしたものかとネットを徘徊してたら、クロモリフレームのBASSO「レスモ」を発見!セール中だったこともあって「ポチっ」としてしまった。

memo

ネットで自転車を買うのは不安があったし、巨大な段ボールで届いてどうしようかと焦った。丁寧な説明書も同封されていて、ステムのねじを回してハンドルの向きを合わせるだけだったので問題はありませんでした。

BASSO「レスモ」のスペック

主なスペックは以下の通りです。

フレーム、フォーク素材:4130クロモリ
ハンドル・ステム・シートポスト:マイクロテック
ブレーキキャリパー:シマノクラリス
ブレーキレバー:TEKTRO
変速機・変速レバー:シマノクラリス
ホイール:シマノWH-R501
タイヤ:ビットリアザフィーロ
重量:10.3kg

Basso HPより

ブレーキレバーはTEKTROだけど、ブレーキ本体や変速機、駆動系はシマノで統一されてました。

重量は10.3kg。

カーボンのロードバイクに比べたら圧倒的に重いけど、MTBの16.5kgに比べれば遥かに軽量。競技に出るわけではない街乗り、お買い物用途には十分。

BASSOレスモ画像ギャラリー

初の新車。嬉しくてパシャパシャ撮影したものをご紹介します。

BASSOのクロスバイク「レスモ」を紹介するための画像
shimanoマークがあちこちにw

白と赤のJAPANカラーのフレームに黒いパーツ。

BASSOのクロスバイク「レスモ」を紹介するための画像
MTBに比べればはるかに高性能

ラグなし溶接もキレイ。白いフレームは細かいラメ入り。細身のフロントフォークが美しい。

BASSOのクロスバイク「レスモ」を紹介するための画像
細身のフレームが美しい

ボトルゲージ2つあるので長距離も安心。

まとめ

初クロスバイクでBASSO「レスモ」を購入した経緯と、車体画像をご紹介しました。ネット注文で不安もありましたが、無事に納車。初ライドが楽しみです。

その後のレスモ

2018年の9月にレスモを購入して、その年末にZwiftを始めました。それ以降、Zwift車として現役で活躍しています。クロモリフレームは丈夫なのでZwiftには最適です。

現在はコーダーブルームのRAIL ACTIVEに乗っています。

スポンサーリンク