自作クロスバイクで足柄峠サイクリング

自作クロスバイクで足柄峠(759m)までサイクリングに出かけました。予想以上の急勾配で、足つきしながら何とか登って参りました。

自作クロスバイクで向かう

組み上げたクロスバイクでの、初の遠出。念のためにギアを軽くして備えました。組み上げた記事はこちら↓

オリンピックシンボルと自転車メルカリの中古クロモリフレームでクロスバイクを組み上げた記録

11-34に交換

足柄峠は「結構な急勾配」との情報をゲットしたので、11-34T(8s)のスプロケットを新調。組み上げ時の11-32Tに比べて5.8%軽くなる計算。

フロント38Tと34Tを並べて大きさを比べている画像
フロント38T(左)と34T

フロントは34T(画像右)にしたかったけど、シングルで運用するのでチェーン落ちを警戒して38T(ナローワイド)のままにした。ちなみに38-34のギア比は1.12で、34-30(1.13)、36-32(同)に相当する。

なんとかなるかと思ったけど、甘かった!

ギア比については一覧表↓を作成してありますので良ければ参考になさってください。

ギアのイメージ画像シマノスプロケットの歯数一覧とギア比

足柄峠を登ってみた感想

足柄峠までの平坦路とヒルクライムでのインプレです。

平坦路で快走を満喫

横浜から足柄峠のふもとである松田辺りまでは、MTBに比べれば高い空気圧(5気圧)のおかげで快走。とは言え、巡航速度は20~25km/hだからロードバイクとは違う乗り物。あくまでクロスバイクです。

アルタス(8速)の変速はスムーズで必要十分。スタンドもつけたので気軽に休憩できるのはいい。165mmクランクは相変わらず漕ぎやすい。

6時半に自宅を出て松田駅到着は9時(約41km走行)。

JR松田駅前から富士山が見えることを伝える画像
富士山が見える松田駅前

ガーミンvivoactive3の充電も兼ねて30分ほど休憩した。ここまでノートラブル。

Garmin Vivoactive4
Vivoactive3の後継機種

足柄峠は激坂だった

足柄峠へのアプローチが穏やかな傾斜であることを伝える画像
足柄峠へのアプローチ

足柄峠に限らないけど、峠の途中までは最高。自然豊かで空気は美味しいし、勾配は程よい感じで車も少ないから快適そのもの。

来てよかった!なんて思いながら鼻歌まじり漕いで行く。

足柄峠までののどかな風景を伝える画像
のどかな風景の中を進む

トンネルの少し先だったか、急に勾配が変わってジグザクしだした。ずっと10~14%・・・

足柄峠への登り道が14%の勾配であることを伝える画像
アウトコーナーで14%の勾配

左曲がりはさらに急勾配><;

トンネル付近で抜いたランナーに抜かされる。押した方が速いかも・・・38Tで来たことを猛烈に後悔しても遅い。ハンドルと顔のニアミス状態が続く。

汗だくで登りきり、ゼーゼーしながら撮影した↓

足柄峠759mに自転車で登ったことを伝える画像
やっとの思いで足柄峠759mに到着

峠を越えて、山中湖側に少し下った絶景ポイント↓で折り返しました。

足柄峠近くから富士山がよく見えることを伝える画像
足柄峠からの富士山

なんて美しい日本の景色よ。峠での辛さがオセロのようにひっくり返った瞬間でした。

ダウンヒルではブレーキに不安

下りではDEOREのVブレーキに不安を感じた。握力の問題なのか、激坂だからなのか、体重オーバー(71kg)なのか、ブレーキが甘くて不安だった。

ブレーキレバー握りながら、ディスクブレーキにするべし?とか考えてた。

あと10kmでパンク

体力を使い果たした帰り道、「ペダルが重すぎる!」と思ってリアタイヤを見たらほぼペチャンコ><;

はあ?と携帯ポンプで補充したら、それなりに膨らんだので再スタート。しばらくは軽快だったものの、10分後には再びペチャンコに。

タイヤには異常が見当たらない。リム打ちしたかな、35cなのに。メチャ疲れてたのでショップまで手押しして修理をお願いしました。

まとめ

足柄峠まで自分で組み上げたクロスバイクでサイクリングしてきました。平坦路では予想通りの快走ぶりでしたが、足柄峠では歯数不足とブレーキの甘さを感じました。

その後の改造は、クロモリバイクの記事にアップしています。

日東のシルバーステムとハンドルクロモリクロスバイクのカスタマイズ報告
memo:走行データ

・走行距離:114km
・走行時間:6時間42分
・平均速度:17.0km/h
・消費カロリー:2491kcal
・平均心拍:122bpm