AppleTV 4KでZwiftして気づいたこと7つ

AppleTVでZwiftして気づいたこと7つをご紹介します。一番気になるのはリモコンの操作性です。どうにも使いにくいのです。

【追記履歴】
※2022.9.1:カスタムワークアウトについて
※2022.9.16:リモコン電池について

AppleTV 4Kを紹介する画像
AppleTV 4KでZwift

1.インストールは簡単

購入した初期状態のAppleTV 4Kには、Zwiftはインストールされていません。自分でインストールする必要があります。でも心配は全く無用。スマホにインストールするのと同じ手順なので簡単です。

AppleTV 4KにZwiftをインストールする手順を説明するための画像
アプリ検索画面で「z」と入力したところ

アプリ検索画面で「z」と入力するとすぐにZwiftが検索結果に出てきました。あとはクリックしてインストールするだけ。使用していたZwiftのアカウント情報(ログインIDとパスワード)を入力すれば、レベルやコースデータも引き継がれます。

2.ANT+はつながらない

この問題は、iPhoneでZwiftしていた時にも悩まされました。ガーミンウォッチをZwiftの心拍計として使いたかったけど出来なかったのです。詳しくは下の記事を参照ください。

GarminとZwiftアプリの画像Zwiftがガーミンウォッチを認識しない

ANT+をBluetoothに変換する機器(約1万円)を使えば、Garminウォッチを活用することも不可能ではない。ただ、Zwift公式サイトに「Bluetoothの方が信号強度が強い」という記述がある通り、ANT+は電波干渉を受けやすいと感じます。

Zwiftは、BluetoothやANT+または両方を経由して通信することで、一連のハードウェアに対応します。どちらも同じように機能しますが、Bluetoothはより強い信号を送信する傾向があるようです。

Zwift公式サイトより

実際にANT+接続でZwiftしていた時は、電子レンジを使うとパワーがゼロ表示になって集団からドロップしたりワークアウトで星を獲得できなかったりしました。なので、断然Bluetoothをおススメします。

電子レンジ落ちしたワークアウトの画像電子レンジでZwiftの「ANT+」パワーメーターが落ちる場合の対策

3.AppleTV 4Kの画質は悪くない

AppleTV 4Kの画質はゲームPCと比べると、

  • ライダーの影がない
  • 色がぼやけている

という違いがあります。

AppleTV 4KのZwift画面には、木の影はありますがライダーの影がありません。このために背景とライダーの一体感がなく、どこか安いCGのような合成感があります。

AppleTV 4KのZwift画面を紹介する画像
ライダーの影がない(AppleTV 4K)

まっすぐ前を向きながら斜めに進むような違和感もまれに感じます。また色数を抑えているのか画面全体のコントラストも低い気がします。

ただし漕いでいる最中は、パワー、心拍、ライバルに目線が集中するので画質はそれほど気になりません。

Zwiftワールドを思う存分楽しみたいならAppleTV 4Kでとりあえず遊びつつ、コツコツゲームPC貯金をおすすめします。美しい画像はコメント欄が盛り上がるきっかけにもなります。

※ゲームPCのZwift画面↓だとライダーの影がクッキリと見えます。風景と一体化して走っている感があります。

アルプを下るライダー(ゲームPC)
アルプを下るライダー(ゲームPC)

4.チャット文字が見やすい

全く期待していなかった項目ですが、チャット文字が大きくて見やすいです。初期設定のままです。中学レベルの英語でチャットを楽しむ自分にはありがたい機能でした。

AppleTV4Kでのchat文字の大きさを伝える画像
AppleTV4Kはchat文字が大きく見える

5.リモコンが使いにくい

AppleTV 4KのリモコンはZwift操作をするには使いにくいです。Zwift中にうっかり違うボタンを押してアプリが切り替わり、パワーがゼロになって集団から遅れたことも何度か・・・

アクティボタンがどれなのかも分かりにくい。カーソルがくるくる回っているボタンを押したつもりが、実は別のボタンがアクティブだったりする。レース後に「ここに残る」つもりが「レース前のワールド」に強制送還されたことが何回も。

ストレス解消のためにあれこれ試したら、リモコンの使い方のコツがわかりました。別の記事↓にまとめましたのでよければご覧ください。

AppleTV 4Kのリモコンで苦戦するZwift5大場面、操作のコツ

6.カスタムワークアウトを作成できない

Zwiftの公式サポートサイトによると、

現時点ではiPhone、iPadmini、AppleTVでは、カスタムワークアウトを作成できません

Zwift公式サポート

とあります。独自のワークアウトを作成したい方はご注意ください。

7.リモコン電池は約半年もつ

2022年2月に購入してからほぼ毎日使い続けて7か月、リモコン電池の残量警告表示が出ました。残り残量は約20%とのこと。

ちなみに、AppleTV Remoteは充電式なのでライトニングケーブルで充電するだけでOKです。

AppleTVのリモコンを充電方法を紹介する画像
ライトニングケーブルで充電できる

まとめ

AppleTV 4K(2021)でZwiftして半年が経過、これまでに気づいたことをお伝えしました。スマホ以上の画質でゲームPCの5分の1の価格とコンパクトさ、という立ち位置は変わらず。

AppleTV 4Kの評価(Zwiftマシンとして)
セットアップの容易さ
 (4)
ライド中の画質
 (3.5)
リモコン操作
 (2)
コスパ
 (5)

相変わらず楽しくZwiftしています。

AppleTV 4K(2021)
ZwiftをTV画面で楽しめる機材

※AppleTV 4Kを購入すると、AppleTV+を3か月無料で体験できます


訂正とお詫び

ワークアウトを続けると、画面に縞模様が浮き出ると紹介しておりましたが、Zwiftのペインエフェクト「ON」が原因でした。訂正してお詫びいたします。

縞模様が浮き出たZwiftの画面を紹介する画像
縞模様が浮き出たZwiftの画面