Zwiftの「ANT+」が落ちる場合の対策

Zwift中に家族が電子レンジを使うと、パワー切れになって集団からちぎれてしまう・・・この対策として、ANT+アダプタとパワーメーターの距離を物理的に近づけてみた結果をご報告します。

「ANT+」落ちの症状

電子レンジ落ちしたワークアウトを紹介する画像
電子レンジ落ちしたワークアウト

Zwift中に家族が電子レンジを使うと、ぶん回しているのに60w、ひどいときには0wと表示されて「あれ?あれ?」となって焦ります。

当然、

  1. 集団走行中だと千切れ、
  2. ワークアウト中だとNG判定

となってしまう。

脚が限界のリアル千切れよりも、「千切ったぞ!」と勘違いされるのが悔しい。

memo:ANT+とは

そもそも「ANT+」とは、ガーミン傘下の会社が開発した通信規格「ANT」を改良したもの。スリープ機能を備えていて低消費電力。ボタン電池で長時間運用できるので、小型フィットネス機器と相性がいい。ただし、2.4GHzという周波数の電波を使うので、Wifiや電子レンジを使うと干渉してしまう問題がある。

「ANT+」落ちの対策

ANT+が電子レンジで落ちてしまう原因は電波の干渉です。

電子レンジはガラス面からの電波漏れが一番大きいらしく、ガラスに貼る漏れ防止シールなども販売されています。スマホ用防止シールもあってこれを貼り付けると、ワイヤレス充電できなくなるほどの効果らしい。

もちろん電子レンジの向きを変える、距離を離すといったアナログ的な対策も有効です。逆に言えば、ANT+とPCの距離を近づけることで、相対的に電子レンジを遠ざけることになります。

今回は、USB延長コードを購入してANTパワーメーターとPCとの距離を近づけることにしました。購入した商品はUGREENのUSB延長ケーブル1mです。

購入したUSB延長コードを紹介する画像
UGREENのUSB延長ケーブル

ANT+パワーメーターとアダプタの距離が1.4mから95cmになりました。

USB延長ケーブルの効果を検証

Zwift中に意図的に電子レンジを使って検証しました。いつもの不安定さが全くなく、超安定したままです。

「本当に使っている?」と家族に確認したくらい変化なし。費用対効果が素晴らしいです。

ご注意

USB延長ケーブルを使っても、ANT+機器の電池残量が少ないと落ちやすいです

どうしても改善されない場合

延長ケーブルの設置や電池交換といった対策をしても効果がない場合は、Bluetooth接続をおすすめします。Zwift公式サイトに、

Zwiftは、BluetoothやANT+または両方を経由して通信することで、一連のハードウェアに対応します。どちらも同じように機能しますが、Bluetoothはより強い信号を送信する傾向があるようです。

Zwift公式サイトより

という記述がある通り、Bluetoothの方が電波が強くて通信が安定する印象があります。

まとめ

Zwift中のANT+切れ対策としてUSB延長コードを導入したら、電子レンジと干渉しなくなりました。ただしANT+機器(パワーメーター)の電池残量が少ないと切れやすくなります。

Bluetooth接続に切り替えるという方法は確実でおすすめできます。

スポンサーリンク