Zwift中に電子レンジでパワーメーターが落ちる場合の対策

パワーメーターでZwiftしてますが、家族がご飯を温めようと電子レンジを使うと落ちる。ANT+と電子レンジは同じ周波数(2.4GHz)を使っているので干渉してしまうのだ。

ANT+が電子レンジの影響を受けたことを説明するZwiftの画像
レンジ落ちしたワークアウト

かといってWifiのように5GHzに切り替えて使う・・・とかはできない。どうしようか考えてANT+アダプタとパワーメーターの距離を物理的に近づけたら、無事に解決しましたのでご報告します。

ANT+とは

そもそも「ANT+」とは、ガーミン傘下の会社が開発した通信規格「ANT」を改良したもの。スリープ機能を備えていて低消費電力なのが主な特徴。

同じような通信規格にBluetoothがあります。こちらは年々改良されてて、Bluetooth4.0とか5.0とか後ろにバージョンの数字がつきます。

ANT+もBluetoothも2.4GHzという周波数を使うので、Wifiや電子レンジを使うと干渉しあう欠点があります。

電子レンジでパワーがゼロに

具体的には、Zwift中に家族が電子レンジを使うと計測結果がおかしなことになります。決してプロのような豪脚パワーとはならず、決まって「か弱く」なります。ぶん回しててもゼロとか60Wくらいになって「あれ?あれ?」となる。

ワークアウトなど「もう少しで完遂!」というタイミングだとかなり凹む。

電子レンジ落ちしたワークアウトを紹介する画像
電子レンジ落ちしたワークアウト

電磁波の影響を抑えるグッズの活用も考えました。電子レンジではガラス面から漏れ出るのを防ぐシールなどもあります。スマホ用ではワイヤレス充電できなくなるほど、電磁波を防止する効果もあるとか。

電磁波による健康への影響は気になりますが、今回は物理的にANT+アダプタとパワーメーターの距離を近づけるという方法で対処しました。

USB延長コードを購入

購入した商品は、UGREENのUSB延長ケーブル1mです。

購入したUSB延長コードを紹介する画像
UGREENのUSB延長ケーブル

固定ローラー前のスチールラックに、ゲームPCとディスプレイを置いてZwiftしています。ゲームPC上部のUSB差し込み口にANT+アダプタを設置した状態だと、パワーメーターまで約1.4mの距離がありました。

この延長コードを使うことで、パワーメーターまでは1mを切った95cmになりました。

USB延長ケーブルの効果

早速、Zwift中に意図的に電子レンジ(600W)を使って実験。いつもならパワーメーターの値がゼロになるのに、今回は何の変化も見られない。

本当に電子レンジ使っているの?

と何度も確認したくらい。何も起きませんでした。これで安心してZwiftに集中できます。

まとめ

電子レンジによるパワーメーターの途切れを解消するために、USB延長コードを使ってANT+アダプタとパワーメーターの距離を物理的に近づけました。1.4mから95cmになったことで、電子レンジを使用しても計測データがゼロになることもなく、安定した計測が出来るようになりました。

これで昼や夕飯時でも、Zwiftに集中できるようになりました。

スポンサーリンク

機材

Posted by M.Zero