電子レンジでZwiftの「ANT+」パワーメーターが落ちる場合の対策

2021年10月3日

ANT+が電子レンジで落ちる

パワーメーターでZwiftしてますが、家族がご飯を温めようと電子レンジを使うと落ちる。ANT+と電子レンジは同じ周波数(2.4GHz)を使っているので干渉してしまう模様。

ANT+は2.4GHz固定なので、Wifiのように5GHz帯に切り替えて使うことはできない。どうしようか考えて、ANT+アダプタとパワーメーターの距離を物理的に近づけてみた結果をご報告します。

ANT+は2.4GHzの規格

そもそも「ANT+」とは、ガーミン傘下の会社が開発した通信規格「ANT」を改良したもの。スリープ機能を備えていて低消費電力なのが主な特徴。ボタン電池で長時間運用できるので、小型フィットネス機器と相性がいい。

同じような通信規格にBluetoothがあり、Bluetooth4.0とか5.0とか後ろにバージョンの数字がつく。どちらも2.4GHzという周波数を使うので、Wifiや電子レンジを使うと干渉してしまう欠点があります。

電子レンジ落ちの症状

具体的には、Zwift中に家族が電子レンジを使うと「パワー(w)」がおかしなことになります。決してプロのような豪脚とはならず、決まって「か弱く」なります。ぶん回してもゼロとか60Wくらいになって「あれ?あれ?」となって焦ります。

  • 集団走行中だと千切れます
  • ワークアウト中だとNG判定になります

千切れたことよりも、「あいつを千切ったぞ!」と勘違いされるのが悔しい!

電子レンジ落ちしたワークアウトを紹介する画像
電子レンジ落ちしたワークアウト

電子レンジ落ちの主要因

電子レンジ落ちの対策品を探したところ、ガラス面から漏れ出るのを防ぐシールを見つけました。レンジ正面が一番漏れるとのことで、そこをカバーする商品です。スマホ用に貼り付けると、ワイヤレス充電できなくなるほどの効果らしい。

他には、電子レンジとZwift環境を遠ざける、レンジの向きを変えてみるといった方法も見つけました。我が家の場合、電子レンジとZwift環境が近い(キッチンー廊下ーZwift部屋)ことも主要因として考えられる。

しかし、キッチンもZwift部屋も移動できないので、逆にパワーメーターとANT+アダプタの距離を近づけることにしました。

USB延長コードを購入

購入した商品は、UGREENのUSB延長ケーブル1mです。

購入したUSB延長コードを紹介する画像
UGREENのUSB延長ケーブル

対策前のZwift環境は、パワーメーターとANT+アダプタの距離は1.4m(固定ローラー前のスチールラックにゲームPC置いてます)。USBの延長コード↓を使うことで95cmまで近づけました。

USB延長ケーブルの効果

Zwift中に意図的に電子レンジ(600W)を使って実験。いつもならパワーメーターの値がゼロになるのに、今回は何の変化も見られない。

「本当に使っているの?」

と家族に確認したくらい変化なし。これで安心してZwiftに集中できる?

電池残量が少ないと落ちやすくなる

USB延長ケーブルを使っても、電池残量が少ないとANT+が落ちやすくなります。電池が新しいうちは何の影響もないか、切れたとしても一瞬ですぐに復帰します。電子レンジ使用中に落ちっぱなしになる場合は、電池交換をおすすめします。

まとめ

パワーメーターの通信切れ対策としてUSB延長コードを導入したら、電子レンジ使用中でも安定して通信できるようになりました。ただし、パワーメーターの電池残量が少ないとレンジ落ちすることもあります。いつもよりパワーメーターの認識が遅いと感じたら、電池交換も検討されてください。

どうしても改善されない場合

延長ケーブルの設置や電池交換といった対策をしても効果がない場合は、接続方式の変更をおすすめします。ANT+よりもBluetoothの方が高出力なようで、接続が安定します。

Bluetooth方式で接続したAppleTV 4Kの場合、電子レンジで落ちるといったトラブルもありません。PCでZwiftする場合でも、可能な限りBluetooth方式で接続することをおすすめします。

PC用 Bluetoothアダプタ
BluetoothがないPCでBluetoothが使えるようになるアダプタ

機材

Posted by Zippy