パンクしないタイヤ選び:コンチネンタルグランプリを愛用

2021年1月12日

コンチネンタルGRANDPRIX4000sⅡの画像
コンチネンタルグランプリで1年半パンクなし

ヤビツ峠の下りでパンク、チューブ交換して5kmほど走ったらまたパンク。参った。さすがに2本の予備チューブは持ち合わせてなかったので、1時間近く自転車屋さんまで手押しした。

歩きながら「安いタイヤはやめよう!」と決意。パンクしにくいタイヤをネット検索したら、コンチネンタル社のグランプリ4000sIIの評判がよかったので購入。

1年半使ってますがパンクせずに大満足しているので、購入した経緯からレビューまでをご紹介させていただきます。

パンクしないタイヤを探す

日本一周するような猛者の相棒として人気なのは、シュワルベの「マラソン」シリーズ。Amazonレビューを拝見しても「パンクしなくなった」という声が多い。

ただ、「分厚いパンクガード材」をタイヤに挟み込んでいるため、重くて乗り心地がゴツゴツしてしまう難点がある。走りが重くて風を切って走る爽快感が味わえないのでは?と心配になる。

軽くてパンクしない・・・となると、ロードレーサーに人気の「コンチネンタルグランプリ」シリーズが評判がいい。パンクしないとのインプレッションが多いし、レースでも使える高性能タイヤとのこと。

クロスバイク用としてはオーバースペックなのは承知しつつ、高いなと思いつつ購入しました。

コンチネンタルGPを実走チェック

コンチネンタルグランプリを装着した自転車
コンチネンタルグランプリを装着したクロスバイク

数キロ走っただけで人気の理由がよく分かった。

まず乗り心地がいい。「330tpi」と超きめ細かい素材で作られているので、ガツンと衝撃が来ない。直前まで装着していた太くて空気たっぷりのMETRO(700×35c)と比べても、柔らかさを感じる。

そして軽い。とにかく軽快に走れる。信号待ちからの発進もスムーズで、体重が減ったかのように登れる。高かったけど、予想以上の快適さで満足。

1年半乗ってるけど、未だにパンクなし。チューブだけは、劣化が心配なので交換しようかと思ってる。

タイヤに穴?不良品?

コンチネンタルタイヤには最初から大きめの穴が空いてる。不良品か?と購入当時はビックリした。この穴の正体は「スリップサイン」。タイヤの摩耗状態をチェックするためのものなので、ご安心を。

コンチネンタルタイヤのスリップサイン
コンチネンタルタイヤのスリップサイン

タイヤサイズについて

耐パンク性能の高いタイヤは、通常品より太くなりがち。念のためにコンチネンタルタイヤ(700c)のサイズを記載しておきます。

太さ外周適正空気圧
PSI
最大空気圧
PSI
20c2099mm130160
23c2122mm110120
25c2133mm95120
28c2153mm95115
タイヤサイズと空気圧表

細いほど空気圧が高くて軽いので、軽快な走りとなる。レースでなく日常用途なら乗り心地とのバランスを考えて25cあたりがおすすめ。

「Giantエスケープ」や「ジオスミストラル」など、一般的な700cホイールのクロスバイクなら装着可能です。

パンクさせないための点検

自転車のエアバルブの画像
走行前に空気圧のチェックを

パンクさせないためには、よく言われていることですが適正空気圧を保つこと。空気が少ないとタイヤがつぶれて走りが重くなるし、段差でチューブやリムが破損しやすくなる。

ロードバイクの空気圧は高くて抜けやすいので、2日に1回はチェックしたい。空気圧メーターが見やすいサーファスは、自転車雑誌でも高評価でおすすめです。

まとめ

安いタイヤで立て続けにパンクしたことをきっかけに、耐パンク性能に優れたグランプリ4000sIIに交換しました。乗り心地がいいし、軽いので颯爽と走れて気持ちがいい。

高価ではありますが、サイクリング1回当たりの価格差はごくわずかになります。

スポンサーリンク

クロスバイク

Posted by M.Zero