適正クランク長165mmと純正170mmを乗り比べた

2020年5月23日

欧州プロのデータを参考にして170mmから165mmのショートクランクに交換した。

約5000km走ってみた結果、

  1. ペダリングスキルを上げるなら170mm、
  2. 楽に走り切るなら165mm

がいいと感じました。

欧州プロのクランク長は?

身長に対する適正クランク長は何mmなのか?

最適化されてるであろう欧州プロのデータ↓を参考にした。※()内は身長

  • クリス・フルーム(186cm):175mm
  • エガン・ベルナル(175cm):170mm
  • ピーター・サガン(184cm):172.5mm
  • エドワード・トゥーンス(183cm):175mm
  • ジュリアン・アラフィリップ(173cm):170mm
  • ステファノ・オルダニ(178cm):172.5mm
  • フレフ・ファン・アヴェルマート(181cm):172.5mm
  • レミー・マーツ(175cm):172.5mm

エクセルでグラフにプロット↓

欧州プロライダーの身長とクランク長のグラフ
身長とクランク長のグラフ

よく言われる身長の10分の1よりだいぶ短い。中心線(青線)を引くと身長170cmでは169mmあたり。

欧米人との体形の違いを考慮(黒線)して筆者(170cm)の場合は165mmが妥当とした。

参考にしたサイト↓

165mmと170mmを乗り比べ

5mmの違いは乗ったらすぐに分かる。

170mmの場合は、上死点でお腹周りが若干窮屈に感じる。高ケイデンスでは身体が暴れないよう意識しないとスムーズに回せない。

165mmでは窮屈さも解消され、動きも小さくなって回しやすい。

このため、ペダリングスキルを上げるなら170mm、ロングライドを楽しむなら165mmクランクがいい。

ショートクランクで軽量化?

軽量化にもなる?

170mmと165mmのクランク
左:170mm、右:165mm

期待したけど、5mmの違いは数グラム。ダイエットしたほうがいい。

まとめ

欧州プロのデータを参考に165mmのクランクに交換。乗り比べた結果、170mmはペダリングスキル向上に、165mmは休日のツーリング向きだと感じました。