ギアのつながりを改善:11-30Tスプロケットに交換

スプロケット11‐30tの外箱に「11‐30tに交換」と文字をつけた画像
自分で交換してみた

クロスバイクのスプロケットを11-32Tから11-30Tに交換。18⇒15Tへのシフトアップが、17⇒15Tになってつながりが良くなった。

一方で、ロー側が32から30になったのでヒルクライムが心配、、、その辺り実走してチェックしました。

18から15ではギャップ大きすぎ

BASSOのクロスバイク「レスモ」の全体を撮影した画像
8速11-32T仕様のクロスバイク「レスモ」

平たん路(追い風)でフロント50だと、

18で軽すぎ → シフトアップ → 15は重すぎ!(´Д`)モウダメ・・・・。

となる。

大排気量エンジンのようにトルクがあれば問題ないけど、貧脚なのでエンスト寸前><;

18と15の間、16とか17が欲しくなった。

16Tもしくは17Tがあるスプロケットを探す

8速のクラリス対応だと、

CS-HG50-8 12-21T:12-13-14-15-16-17-19-21

という欲しいギア全部入りを発見!しかし、すでに廃盤のようでどこも在庫がない。

他を探してみると、

  • 12-25T:12-13-15-17-19-21-23-25
  • 11-28T:11-13-15-17-19-21-24-28
  • 11-30T:11-13-15-17-20-23-26-30

に17Tが含まれている。

ヒルクライムのことを考えると最大ギアが25Tや28Tでは不安なので、11-30Tを購入しました。スプロケットに同封されていた説明書と、ロードバイクメンテナンス入門を参考に交換しました。

ロードバイクメンテナンス入門
分かりやすい手順書

各手順が写真付きでわかりやすい。交換手順を調べる手間を省きたい人は要チェック。

18Tと17Tでの違い

下の表は、ケイデンス90での各ギアの速度を計算したもの。

※タイヤの外周とギア比だけの単純な計算です。

11-32tと11-30tの各ギアをケイデンス90で回した時の時速を計算したスプレッドシートの画像
ケイデンス90での速度(km/h)

50-18ではケイデンス90で31.575km/h、50-17だと33.432km/h。約2km/hアップ。50-15の37.89km/hへのスムースな変速が期待できる。

平地では満足

50-15までの速度差が縮まったことで、つながりが良くなった。平地では満足。

向かい風のとき

サイクリングは平地だけではない。軽い向かい風、ゆるい登りでは50-17だとキツイ、19だと軽すぎる・・・

18が欲しい( ´Д`)y━─┛~~

インナーを活用すればいいのだけど、フロントのギアチェンジは億劫な初心者、、、

ヒルクライムのとき

ヤビツ峠の看板前でクロスバイクと記念撮影した画像
ヤビツ峠の看板前で

34‐32というインナーローでもキツかったヤビツ峠。ここが34-30になったのは痛すぎる。ヤビツはなんとか登れたけど、湘南平は足つきしました(汗)

Zwift用には13‐26T(8速)を愛用中

Zwift(固定ローラー)では、13‐26T:13-14-15-17-19-21-23-26を使っています。負荷固定の緩斜面相当なので、34-15、34-14あたりがメインです。

まとめ

11-32Tから11-30Tのスプロケットに交換しました。

30km/h台を常用する平地ではつながりの良さを感じる。一方で、向かい風や湘南平といった激坂では使いにくくなった。平地優先で激坂を登らないならおすすめできます。

8速スプロケット
11-30Tの8速スプロケット