ギアのつながりを改善:11-30Tスプロケットに交換

クロスバイクのスプロケットを11-32Tから11-30Tに交換したら平地が快適に。一方で、ロー側が32から30になって登りが心配、、、その辺り実走してチェックしました。

BASSOのクロスバイク「レスモ」の全体を撮影した画像
8速11-32Tが標準仕様のクロスバイク「レスモ」

50-18Tと50-17Tでどれくらい違う?

ケイデンス90での速度を外周とギア比だけで単純計算すると、以下のようになります。

ギア歯数リア15T17T18T
5037.89km/h
(3.33)
31.575km/h
(2.78)
33.432km/h
(2.94)
50-18、50-17の速度とギア比

※タイヤの外周とギア比だけの単純な計算です。

50-18ではケイデンス90で31.575km/h、50-17だと33.432km/hなので、時速が約2km/hアップします。50-15の37.89km/hへのギャップが減るので脚にガツンと来ません。平地ではこの恩恵を感じられます。

でも道路は平地ばかりではありません。

ゆるい向かい風のとき

ゆるい向かい風やちょい登りといった場合、50-17だと乗り切れません。でも一枚落として20にすると軽すぎる・・・

18が欲しい( ´Д`)y━─┛~~

となります。ちなみに8速の場合の歯数構成は以下の通りです。

種類歯数
11-3011-13-15-17-20-23-26-30
11-3211-13-15-18-21-24-28-32
8速スプロケットの歯数構成

インナーを活用すればいいのだけど、フロントのギアチェンジは億劫、、、

ヒルクライムのとき

例えばヤビツ峠。

ヤビツ峠の看板前でクロスバイクと記念撮影した画像
ヤビツ峠の看板前で

34-32というインナーローでもキツかったのに、34-30になったのは痛すぎ。なんとか登れたけどかなり辛くなりました。そして激坂が続く湘南平は耐えきれずに足つきしました。

ヒルクライムに関しては、大きい歯数のあるリアスプロケットが必須です。ヒルクライムをしないストリート専用であれば、断然11-30が使いやすい。

フロント歯数リア32Tリア30T
341.061.13
34-32、34-30の速度とギア比

Zwiftでは13-26Tスプロケットを愛用中

Zwiftでは、13-26Tを使っています。緩斜面に相当する負荷固定タイプなので、これで十分。12-25でもいいかも。

種類歯数
12-2512-13-15-17-19-21-23-25
13-2613-14-15-17-19-21-23-26
CS-HG50-8スプロケット

スプロケット交換の手順と工具

スプロケット11‐30tの外箱に「11‐30tに交換」と文字をつけた画像
自分で交換してみた

スプロケットを交換する手順と工具は次の通りです。

スプロケット交換の手順と工具
  1. リアホイールを外す
  2. スプロケットを外す・・・スプロケット抑えフリーホイールリムーバー
  3. スプロケットの取り付け・・・フリーホイールリムーバー
  4. ホイールを装着

スプロケットを外すには、専用の工具が必要になります。これまで4年メンテしてきて使いやすいと感じているのは次の工具です。

スプロケットの取り外し、装着両方で必要な必須工具。

スプロケットを外すときに空転を抑えるための工具。他のはすぐに壊れてしまうけど、これは丈夫。

スプロケットの説明書とロードバイクのメンテナンス本があれば、迷いなく作業できます。

交換手順や気を付ける点など、1冊あれば調べる手間が省けます。

まとめ

11-32Tから11-30Tのスプロケットに交換した結果、 30km/h台ではつながりの良さを感じる一方、峠を上るようなヒルクライムでは辛い場面もありました。街乗りメインの方におすすめします。

街中走行が快適になりますし、シマノ製品なので耐久性もいいです。自転車を最大限活用してエコに過ごしましょう。

スポンサーリンク